文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

修正派の矛盾を暴く『アウシュヴィッツと(アウシュヴィッツの嘘) 』感想

投稿日:

タイトル:アウシュヴィッツと(アウシュヴィッツの嘘) (白水Uブックス)
内容:「大量殺戮は無かった」「死んだユダヤ人の数はずっと少ないものだった」などど広める、修正派の矛盾した歴史を否定し、アウシュビッツの実態にせまる一冊

最初は「セレウコス朝シリア下のユダヤ人について」の文献を探していましたが、
だんだん横道にそれていきまして・・・・

3冊目に読んだ本は、レポートと無関係な
アウシュヴィッツと(アウシュヴィッツの嘘) (白水Uブックス)』という本。
ドイツ人の医学博士が書いている本で、
一言で言うと
歴史を捏造する「修正派(ホロコースト否定派)」を否定するために書かれた本のようです。

日本でもマルコポーロ事件という、
修正派の意見をそのまま雑誌?にのっけて大事件になった過去があったそうですが

「ガス室は存在していなかった」
「数値でいうよりユダヤ人を虐殺していない」
「ナチス時代は女性一人で夜歩いても平気なくらい治安がよかった」

など、「ナチスのやったことを小さく見積もって歴史を捻じ曲げている修正派がはびこっている!」
ということを前の方で説明をし、

修正派が掲げる「うそ」を後半で
数学の「証明」のように 暴いている。そんな本です。

最後までよみましたが、
なんともまあドイツ人らしい本で、、、あまり興味をいだきませんでした。

アウシュビッツうんぬんより、民衆扇動罪に関する説明のほうが興味深かった。
日本では、「南京大虐殺はなかった」とか「日本がアジアを解放したうんぬん」とかを個人的な会話で言っても
つかまりはしませんが、
ドイツでは、ナチスを支持する感じの行動や、ホロコーストを否認をするとつかまるそうです。

以前、スイスのユースホステルで、ドイツ留学中の日本人と仲良くなりましたが、
学校で、日本人学生のように挙手をすることは「ナチスを髣髴とさせる」ことから、タブーらしいです。

以前、ユーラシア大陸を横断したとき、アウシュビッツを訪れたことがあります。
アウシュビッツでは、おびただしい量の毛髪、
殺害されてた人が使っていたのであろう膨大な量の義足
ココで殺された人の写真がずらり貼ってあって
一生忘れられない場所になりました。

アウシュビッツより、隣接していた「ビルケナウ」もすさまじいものでした。

アウシュビッツに行ったときの旅日記→http://yaplog.jp/naotaka8787/archive/383

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

一番戦ったレポートは、西洋史概説Ⅱでした(笑)

入学して一番に書いたレポートです。 D。評価もボロクソ(笑) GW明けに提出。 西洋史卒なのにDをもらった屈辱感から、 必死に全面かきなおし、 7月半ばに提出。 翌月戻ってきたけどD H條センセ、きび …

no image

ギリシア危機

私の持っている株が毎日毎日下がり下がりしかも、全株がまずい下がり方をしているので、欧州危機へのカウントダウン?を予感させます。 経済とか、政治とかまったくわからないので「ギリシアやばそうだよね」と聞か …

no image

ウェーバー『職業における政治』視点からみるメディアの在り方について

参考文献一覧がなかったので、書きかけかもしれないwww 〈序〉  ウェーバー著『職業における政治』によると、せまい意味での政治とは、政治団体(国家)の指導であり、その指導に影響を与えようとする行為であ …

マルクスの賃労働と資本よんだ

  今日はマルクスにしようと思い 本棚からだしてきたマルクス  賃労働と資本 前読んだときは序言とばしていたので、 今回はちゃんとよみました。 序言はマルクスエンゲルスレーニン研究所のもので …

no image

イギリスの封建制度の変化について

イギリスの封建制度は、アングロサクソン時代末期からすでに定着していたが、ノルマンコンクェスト以降は、領域諸侯領の構図をなしており、伯領を寄せ集めて作った国で、王権が強大だった点に特徴がある。イギリスは …