文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

イスラーム トルコ史関連

(新版 世界各国史)西アジア史〈2〉イラン・トルコ  感想

投稿日:

  

タイトル:西アジア史〈2〉イラン・トルコ (新版 世界各国史)
本の内容:トルコ・イランを中心とした西アジアの歴史を
古代から現代まで時代順、国ごとに書かれています。

永田先生編纂の西アジア史 トルコイランをよんでいます。
概説を知るには参考になる本です。
永田先生といえば、母校の先生です。東洋史概説をとっていました。
ずっとむかしに永田先生の授業を取ってから、
イスラムのことはイスラームということにしています。

今読んでいるのは、ヒッタイト→カラハン朝まで

アナトリアといえば、ヒッタイト。
ヒッタイトといえば、鉄を最初に使った人たちというのが有名。
この本では、鉄と馬によってさかえたヒッタイトという記述があり
乗馬もそうなのかぁ!!とひとつ知識をお持ち帰り。

そういえば、アナトリアから中央アジアにかけて
馬っていう感じですね。
ヒッタイトはトルコ系じゃないけど(たしか)
トルコ民族って言ったら、馬術が他の民族より高くって、
ムスリムの神兵とかいわれてましたものね・・・

トゥルク民族の東境って、素人の私にとってはあいまいなのですが、
汗血馬で有名なフェルガナの馬は
歴史浪漫をかんじさせます。

  

2年前でしょうか、上海万博に行ったとき、
トルクメニスタンのパビリオンに入りました。
その名の通り、トルコ系の国家です。
パビリオンの前には国旗の色に輝く馬のオブジェ。

トゥルク民族の流れをもっと詳しく
勉強してみたくなりました。

*****

トルコのイスラーム化が進むのが、カラハン朝のころといわれています。
ただ、このあたりの王朝乱立がワラワラしていて、
図にでもかかないと。。。。覚えきれないです(――;)

 ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-イスラーム, トルコ史関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

アサド政権下のシリアのこと。

私の持っている地球の歩き方のタイトルは「ヨルダン シリア レバノン」ですが、最新号はシリアとレバノンが小文字になっています。先日、シリア大使が国外退去になりましたので、「シリア」は来年から、しばらく無 …

no image

『シリア アサド政権の40年史』読み始めました。

  『職業としての政治』と現代社会うんぬんというレポート課題で「現代社会」部分をどうしようかまよってます。職業としての政治というタイトルなので、現代社会の政治~あたりをレポートに書けばいいの …

no image

『シリア アサド政権の40年史』その2 シリア内乱のはじまり について

シリアの内乱について、アルジャジーラや欧米のメディアの報道を書き写しただけみたいな日本の新聞の情報がお茶の間に 事実真実のように伝わっちゃってますが、 こちらの本は、この内乱が終わって、情報操作の内部 …

no image

『イランとイスラム―文化と伝統を知る』 感想

 タイトル:イランとイスラム―文化と伝統を知る 内容:イランの歴史とは切り離せないゾロアスターとイスラームとの関係やイランといえば、シーア派。シーア派の歴史などが書いてある本イランとイスラム …

no image

『トルコ狂乱 アタテュルクの戦争』感想 その2

タイトル:トルコ狂乱 オスマン帝国崩壊とアタテュルクの戦争 著者:トゥルグット・オザクマン あらすじトルコ民族のための国を建国しようとたちあがったケマルアタテュルクはじめアンカラ政府軍がイギリスやギリ …