文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

人生を考えさせられる ディケンズ『クリスマスキャロル』感想

投稿日:

****
なんか、読書感想文をここから引用する人がいるみたいなので
あらすじについては消しました
夏休み終わったら復活させますww
クリスマスキャロル(クリスマスカロル)はいろんな出版社から日本語訳出ていますが、
中学・高校レベルだと岩波少年文庫の本で
感想文を書くことをおすすめします。
岩波は少年文庫でも、学術的なので学校関係者からの評価が高いです。

前書きとあとがきを読むだけでも、ネットから丸写しよりはマシだとおもいます

クリスマスキャロル、どこにも売ってない!通販でも間に合わないかも?
という方は、電子書籍をオススメします。
スマホ持ちなら、簡単にダウンロードできるし、
新刊で購入するより安いです。
IMG_6324
私はiphoneで使っているのが
BookLive という電子書籍アプリ

ブックライブにあるクリスマスキャロルの日本語訳は以下の通り(8/21現在)

●クリスマス・キャロル チャールズ・ディケンズ / 池央耿小説 / 海外小説光文社古典新訳文庫通常版: 1巻 432円 (税込)
●クリスマス・ブックス チャールズ・ディケンズ / 小池滋小説 / 海外文学ちくま文庫
(コチラの本はディケンズのクリスマスモノの2本立てで1つがクリスマスキャロル)

読書感想文の意義を考えると、、あまりオススメしたくないけど、
漫画で読むという本もあります。
●『クリスマス・キャロル -まんがで読破- ディケンズ

リンク先→BookLive 
 
電子書籍ストア BookLive!

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

アイルランドの詩人 イェイツの世界

 文学科のカテゴリーがイマイチわからないのですが、 英語圏のアイルランド文学は「英米文学」になるのでしょうか。 アイルランドもすばらしい作品が沢山ありますよね。 以前、アイルランドに上陸した …

no image

『イギリス文学散歩』でイギリス文豪ゆかりの地に思いをはせて

イギリス文学散歩という、ガイドブックのような、写真集のような本をよんでみました。 この本では、英文学を代表する文豪が大作を書き上げた場所であったり、晩年を過ごした場所であったりする場所を美しい写真とと …

no image

ジョン ダン詩集

図書館で、ジョン ダン詩集を読んでみました。 16世紀~17世紀、イギリス人の詩人で 初めて読みました。 感想かけるほど、理解はしなかったのですが、最初のほうに載っていた「蚤」というタイトルの詩にギョ …

no image

『ハックルベリーフィンの冒険』感想1

タイトル:ハックルベリー・フィンの冒険〈上〉 (岩波文庫) 内容: 前作でトムとハックがひょんなことから大金をゲットする。 それほしさに、親権を主張するアルコール依存症の父。父親の暴力に耐えかねて逃げ …

no image

アンブローズピアス著『悪魔の辞典』でユーモアを鍛える

アンブローズピアス著新編 悪魔の辞典 (岩波文庫) がおもしろいです。辞典とついているだけあって、詩でも、小説でもありません辞典。しかし、ただの英英、英和辞書などではありません。 対象物を皮肉タップリ …