文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

アイルランドといったら『アンジェラの灰 』

投稿日:

アイルランド系移民 アメリカ人のフランクマコート自伝的小説。
アルコール依存症で仕事もできない父親はいつもパン買う金まで酒に使ってしまう。

そんなダメ父が「出稼ぎに行く!」と言いそのまま音信不通になったシーンと、
それでも父を憎めずにいる家族のことが印象に残りました。

父がいなくなった一家はさらに貧しく子供たちも病気にかかり次々に死んでいく。
悲しい話だけではなく、
ところどころ面白いシーンもあり、
しょうもないストーリーもあり。

10年位前にはじめて読んだこの本のインパクトは大きく、
アイルランドというと、
インターネット先進国といわれても、音楽の国だ妖精の国だといわれても、

いつも「アンジェラの灰」をおもいうかべてしまいます。
いまでもそれはかわらない。

この作品、たまーに、スカパーで映画上映していました。
酒乱で、ニートで、でも愛国心だけは誰にも負けないしょうもない父が、
私にとっては、「ザ アイルランド人」のイメージそのものです。


-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ディケンズ『リトルドリット』感想4

リトル ドリットの続きを読んでいます。 遺産を手に入れ、大金持ちになったドリット氏ですが、急死してしまいました、そのあと、財界の重要人物 マードル氏も自殺して死にます。それら2つの死によって、主要人物 …

no image

ハリーポッターの映画に隠された(?)マクベスのワンシーン

ハリーポッターが好きです。 英会話や長文読解の勉強の多くはハリーポッターの原書購読と、映画で習得しました。映画はDVDの設定を英語字幕/英語音声にすると、とすんなり頭に入ります。 ハリーポッターの映画 …

no image

黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編 (岩波文庫 )感想

  黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編 (岩波文庫 赤 306-1)読みました。文庫に7編の短編が入っています。 エドガー アラン ポーといえば、作品より彼の生きた人生のほうが気にな …

no image

ディケンズ『リトルドリット』 感想5 終わり

一週間ほどリトルドリットに夢中で、勉強をおろそかにしておりました。リトルドリット、ようやく読み終わりましたが、最後がちょっとどたばたすぎて、!?!?!?の連続でした。 まず、リゴーがあっけなさすぎる。 …

no image

斎藤勇先生の『イギリス文学史』~やっととどいた

お取り寄せしていた『イギリス文学史 (1974年) 』という本がやっと届きました。 レポート書くときのオススメ参考文献として載っていたこの本ですが、図書館から品が届いたのがレポート提出日過ぎてから・・ …