文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

アイルランドといったら『アンジェラの灰 』

投稿日:

アイルランド系移民 アメリカ人のフランクマコート自伝的小説。
アルコール依存症で仕事もできない父親はいつもパン買う金まで酒に使ってしまう。

そんなダメ父が「出稼ぎに行く!」と言いそのまま音信不通になったシーンと、
それでも父を憎めずにいる家族のことが印象に残りました。

父がいなくなった一家はさらに貧しく子供たちも病気にかかり次々に死んでいく。
悲しい話だけではなく、
ところどころ面白いシーンもあり、
しょうもないストーリーもあり。

10年位前にはじめて読んだこの本のインパクトは大きく、
アイルランドというと、
インターネット先進国といわれても、音楽の国だ妖精の国だといわれても、

いつも「アンジェラの灰」をおもいうかべてしまいます。
いまでもそれはかわらない。

この作品、たまーに、スカパーで映画上映していました。
酒乱で、ニートで、でも愛国心だけは誰にも負けないしょうもない父が、
私にとっては、「ザ アイルランド人」のイメージそのものです。


-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

オーウェルの『動物農場』読み始めました。

英語Ⅲのテキストにある『象を撃つ』でおなじみオーウェルの小説を読み始めました。 『動物農場』です。 おとぎばなしとかいてある とおり、子どもでも読めるくらい漢字が少ない本です。 かといって、簡単な物語 …

no image

オリヴァツウィスト下巻 感想~

きのうは オリヴァツウィストの続きをいっき読みしました! 何度読んでもディケンズいいなぁとおもいながら あっという間の幸せタイム終了。 前半は八方塞がりの悲劇のオンパレードといったかんじですが、 弱き …

no image

イケメン紳士 シドニーに関する詩を探す

  先日、はじめて学ぶ英文学史↑という本で イケメンを髣髴とさせるsirフィリップ・シドニー作『アストロフェルとステラ』という詩をみつけ、感銘を受け、心にメモってブックマークしていたのですが …

no image

近世英文学史のレポート?と参考にした本。15世紀から17世紀前半まで

私が専攻したのは英文学ではありませんが、英文学が好きでその関係の講義をいくつかとっていました。そのうちの1つ英文学史(近世だったかな?)のファイルがpcからでてきたのであげてみたいとおもいます。以下が …

no image

イギリス版『キャッツ』のDVDを購入~。TSエリオットはやっぱりすごい。

ESエリオット原作のミュージカル「キャッツ」のDVDを購入しました。 DVDのいいところは、字幕を変更できるところです。 劇団四季の「キャッツ」は何度かみたので、ストーリーやせりふを覚えているので、 …