文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

アイルランドといったら『アンジェラの灰 』

投稿日:

アイルランド系移民 アメリカ人のフランクマコート自伝的小説。
アルコール依存症で仕事もできない父親はいつもパン買う金まで酒に使ってしまう。

そんなダメ父が「出稼ぎに行く!」と言いそのまま音信不通になったシーンと、
それでも父を憎めずにいる家族のことが印象に残りました。

父がいなくなった一家はさらに貧しく子供たちも病気にかかり次々に死んでいく。
悲しい話だけではなく、
ところどころ面白いシーンもあり、
しょうもないストーリーもあり。

10年位前にはじめて読んだこの本のインパクトは大きく、
アイルランドというと、
インターネット先進国といわれても、音楽の国だ妖精の国だといわれても、

いつも「アンジェラの灰」をおもいうかべてしまいます。
いまでもそれはかわらない。

この作品、たまーに、スカパーで映画上映していました。
酒乱で、ニートで、でも愛国心だけは誰にも負けないしょうもない父が、
私にとっては、「ザ アイルランド人」のイメージそのものです。


-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編 (岩波文庫 )感想

  黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編 (岩波文庫 赤 306-1)読みました。文庫に7編の短編が入っています。 エドガー アラン ポーといえば、作品より彼の生きた人生のほうが気にな …

no image

子どもの誕生日にピーターラビットセットをプレゼント

  私の兄弟は、一人だけ結婚していて、子どもが一人。 こういうシチュエーションに置かれた子どもは誕生日になるといろんな人から誕生日プレゼントがもらえます。 私も弟と合同出費で絵本をプレゼント …

no image

チャールズ・ディケンズ『リトル・ドリット』途中まで 感想

  タイトル:リトル・ドリット 内容:(まだ読み途中なので、、断片的ですが) 中国から帰ってきたアーサー債権者監獄で生まれたリトルドリット元囚人のイタリア人 と自称コスモポリタン リゴー デ …

no image

斎藤勇先生の『イギリス文学史』~やっととどいた

お取り寄せしていた『イギリス文学史 (1974年) 』という本がやっと届きました。 レポート書くときのオススメ参考文献として載っていたこの本ですが、図書館から品が届いたのがレポート提出日過ぎてから・・ …

no image

【本】はじめて学ぶイギリス文学史 感想

  タイトル:はじめて学ぶイギリス文学史内容:イギリスの文学作品が歴史順に並んでいて、文学史を勉強する方におすすめ。原書と日本語訳の抜粋もあるので面白いです。 先週末は図書館でいろいろな本を …