文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史 東洋史

帝国とは何かを考える。『岩波講座 世界歴史〈5〉帝国と支配―古代の遺産 』

投稿日:

タイトル:岩波講座 世界歴史〈5〉帝国と支配―古代の遺産
内容:帝国とは何か、何をもって帝国というのか
という疑問の答えを考えていくことから始まる歴史書で、

地域や時代順で解説している歴史書が多い中、

東洋西洋の枠組みをあえてはずして、「帝国とは何か」を
章ごとに解説している本でした。

昔、世界史の家庭教師をやっていたころ、
なんどか「王」と「皇帝」の違いや、「王国」と「帝国」の違いを聞かれたことがありますが、

私は、そのつど、神聖ローマ帝国を例にだして

王たちの指導者的存在が皇帝で、
王国を統治するのが帝国だと教えていましたが、(帝国主義はまた別)
コレは必ずしも正解ではない。
特に、東洋史でコレをあてはめることができない!

「帝国」の起源から、西洋と東洋の「帝国」観の違い、
皇帝について書かれていましたが、

面白いのが。。皇帝についてのページ。
皇帝というのは「王」の上位をしめし、
「皇」「帝」の形容詞という考えがあるというのが書いてありました。。
なんと。。。。

ヘレニズムに関するページを参考にする為にかりてきたはずが、
インペリアムのページを夢中に読みました。

肝心の、ヘレニズムに関する章ですが、
この本ではアレクサンドロスの東方遠征から、
ヘレニズム化について、おもに政治史についての記述が多いです。

この時代の人間の名前がどうしても覚えられないのですが、
こちらでは、アンティパトロスだかアンティゴノスだかが
ほかの書物より重要視されていたのが記憶に残りました。

肝心の名前が覚えられないくらいなので、
レポートがすっかりすすみませんww

-ヨーロッパ史, 東洋史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

プレハーノフ『歴史における個人の役割について』という古めかしい本読んだ

ヘーゲルの「あらゆる有限なものには偶然的な要素がある」との考えを否定し、 プレハーノフは社会主義者目線で、歴史における個人の役割について考えました。 社会関係、生産関係から歴史が動くと考えたプレハーノ …

no image

ミシュレ『フランス革命史 上』を読みました。

19世紀のフランス文学1のレポート書くためにミシュレ『フランス革命史 上』を読みました。 最初の50ページくらいが、桑原先生によるミシュレの解説、その後に本編が続いています。 レポート書くには、本編は …

no image

日本史特殊レポート「伴天連追放令とその影響」2伴天連追放令以降のイエスズ会

日本史特殊のレポート、伴天連追放令とその影響についての続きを挙げてみたいと思います 以下本文 ↓↓↓ 2. 伴天連追放令の発令 信長亡き後、はじめ秀吉もキリスト教布教に対しては寛容な体制をとっていたが …

no image

EHカー『歴史とは何か』 歴史における神について

タイトル:歴史とは何か (岩波新書) 内容:史学概論といえばコレ!歴史学の入門書ともいうべき本。歴史学がたどってきた歴史と、歴史家が持つべき視点などが書かれています。 史学概論のレポート作成のため、E …

no image

『イランとイスラム―文化と伝統を知る』 感想

 タイトル:イランとイスラム―文化と伝統を知る 内容:イランの歴史とは切り離せないゾロアスターとイスラームとの関係やイランといえば、シーア派。シーア派の歴史などが書いてある本イランとイスラム …