帝国とは何かを考える。『岩波講座 世界歴史〈5〉帝国と支配―古代の遺産 』

2012年12月4日

タイトル:岩波講座 世界歴史〈5〉帝国と支配―古代の遺産
内容:帝国とは何か、何をもって帝国というのか
という疑問の答えを考えていくことから始まる歴史書で、

地域や時代順で解説している歴史書が多い中、

東洋西洋の枠組みをあえてはずして、「帝国とは何か」を
章ごとに解説している本でした。

昔、世界史の家庭教師をやっていたころ、
なんどか「王」と「皇帝」の違いや、「王国」と「帝国」の違いを聞かれたことがありますが、

私は、そのつど、神聖ローマ帝国を例にだして

王たちの指導者的存在が皇帝で、
王国を統治するのが帝国だと教えていましたが、(帝国主義はまた別)
コレは必ずしも正解ではない。
特に、東洋史でコレをあてはめることができない!

「帝国」の起源から、西洋と東洋の「帝国」観の違い、
皇帝について書かれていましたが、

面白いのが。。皇帝についてのページ。
皇帝というのは「王」の上位をしめし、
「皇」「帝」の形容詞という考えがあるというのが書いてありました。。
なんと。。。。

ヘレニズムに関するページを参考にする為にかりてきたはずが、
インペリアムのページを夢中に読みました。

肝心の、ヘレニズムに関する章ですが、
この本ではアレクサンドロスの東方遠征から、
ヘレニズム化について、おもに政治史についての記述が多いです。

この時代の人間の名前がどうしても覚えられないのですが、
こちらでは、アンティパトロスだかアンティゴノスだかが
ほかの書物より重要視されていたのが記憶に残りました。

肝心の名前が覚えられないくらいなので、
レポートがすっかりすすみませんww

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA