文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

英国ではMother gooseじゃなくて、Nursery Rhymesらしいです。

投稿日:

 

「パタリロ」というアニメを
アニマックス?だか、キッズチャンネルでよくみていたのですが、

EDテーマで「だれが殺したクックロビン~」というフレーズがあり
クックロビンってなんだ?
と以前から気になっていました。

あのフレーズのおおもとを辿ると、
英文学史にでてくるジョン・スケルトンが出てきます。

どうやら、ジョンスケルトンの詩が、マザーグースとしてよまれ、
パタリロに採用され、私の耳までやってきたというわけです。
うむむ・・・パタリロ、意外と深いなあww


ジョンスケルトンの原書も気になりますが、
マザーグースがChotto気になったので
「ようこそマザーグースの世界へ」という本を読んでみました。
ここでひとつ収穫がありました

マザーグース という単語は、
イギリス文化を勉強しているとよく聞きますが、
実は、われわれがいう「まざあぐうす」(=童謡、わらべうた)
といういみでは、イギリス国民は使っていないらしいのです。
へぇ。。。

では、イギリス人はなんといっているのでしょうか。

じつは、われわれのいう「Mother goose」は、
Nursery Rhymesといわれています。

数あるNursery RhymesのなかのひとつにMother gooseという話がある

なので、イギリス人にマザーグースというと、
ああ、グース夫人の話ね~って返ってくるそうです。

わかりやすく説明すると
日本昔話全般ももたろうと言っているようなものです。
変ですね(ーー;)

以前、イギリスに仕事いったとき、友達から
「英国土産にマザーグース系の本買ってきて」と言われ、本屋で探したことがありましたが、
無かったのは、、これを知らなかったからかぁと
いまさら・・・気づきました(――;)

英文学、やっぱり面白いですね~~♪

Mother gooseじゃなくて、Nursery Rhymesらしいってことはわかったけど、

「じゃあ、なんで日本ではnursery rhymeじゃなくって、Mother Gooseという言葉が広がったの?」
という疑問は、こちらの本に、しっかり書いてあります。
説明すると長くなりそうなので、気になる方はぜひどうぞ。

nursery rhymeに愛着がわいてきたので、
英語Ⅰの例文ひとつ暗記できたかな・・・(*^。^*)

Hearing the nursery rhyme again made me think of my  childhood.

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ハリーポッターの映画に隠された(?)マクベスのワンシーン

ハリーポッターが好きです。 英会話や長文読解の勉強の多くはハリーポッターの原書購読と、映画で習得しました。映画はDVDの設定を英語字幕/英語音声にすると、とすんなり頭に入ります。 ハリーポッターの映画 …

no image

【本】はじめて学ぶイギリス文学史 感想

  タイトル:はじめて学ぶイギリス文学史内容:イギリスの文学作品が歴史順に並んでいて、文学史を勉強する方におすすめ。原書と日本語訳の抜粋もあるので面白いです。 先週末は図書館でいろいろな本を …

no image

子どもの誕生日にピーターラビットセットをプレゼント

  私の兄弟は、一人だけ結婚していて、子どもが一人。 こういうシチュエーションに置かれた子どもは誕生日になるといろんな人から誕生日プレゼントがもらえます。 私も弟と合同出費で絵本をプレゼント …

no image

イギリス文学探訪  感想

 タイトル:イギリス文学探訪 (NHKライブラリー) 内容:詩人・小説家のゆかりの地めぐりから当時と今のロンドンのご紹介まで文学的視点からイギリスという国をみた一冊 近所の図書館が10日くら …

no image

レポート参考文献探し『イギリス文学案内』という本をかりてきました。

図書館で『イギリス文学案内』という本を借りてきたので読んでいます。 その名のとおり、 イギリスの文学史に名だたる人物をひとりひとりまとめた一冊で、文学史のレポートを書くのに役立ちました。テキストの『資 …