文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

英国ではMother gooseじゃなくて、Nursery Rhymesらしいです。

投稿日:

 

「パタリロ」というアニメを
アニマックス?だか、キッズチャンネルでよくみていたのですが、

EDテーマで「だれが殺したクックロビン~」というフレーズがあり
クックロビンってなんだ?
と以前から気になっていました。

あのフレーズのおおもとを辿ると、
英文学史にでてくるジョン・スケルトンが出てきます。

どうやら、ジョンスケルトンの詩が、マザーグースとしてよまれ、
パタリロに採用され、私の耳までやってきたというわけです。
うむむ・・・パタリロ、意外と深いなあww


ジョンスケルトンの原書も気になりますが、
マザーグースがChotto気になったので
「ようこそマザーグースの世界へ」という本を読んでみました。
ここでひとつ収穫がありました

マザーグース という単語は、
イギリス文化を勉強しているとよく聞きますが、
実は、われわれがいう「まざあぐうす」(=童謡、わらべうた)
といういみでは、イギリス国民は使っていないらしいのです。
へぇ。。。

では、イギリス人はなんといっているのでしょうか。

じつは、われわれのいう「Mother goose」は、
Nursery Rhymesといわれています。

数あるNursery RhymesのなかのひとつにMother gooseという話がある

なので、イギリス人にマザーグースというと、
ああ、グース夫人の話ね~って返ってくるそうです。

わかりやすく説明すると
日本昔話全般ももたろうと言っているようなものです。
変ですね(ーー;)

以前、イギリスに仕事いったとき、友達から
「英国土産にマザーグース系の本買ってきて」と言われ、本屋で探したことがありましたが、
無かったのは、、これを知らなかったからかぁと
いまさら・・・気づきました(――;)

英文学、やっぱり面白いですね~~♪

Mother gooseじゃなくて、Nursery Rhymesらしいってことはわかったけど、

「じゃあ、なんで日本ではnursery rhymeじゃなくって、Mother Gooseという言葉が広がったの?」
という疑問は、こちらの本に、しっかり書いてあります。
説明すると長くなりそうなので、気になる方はぜひどうぞ。

nursery rhymeに愛着がわいてきたので、
英語Ⅰの例文ひとつ暗記できたかな・・・(*^。^*)

Hearing the nursery rhyme again made me think of my  childhood.

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

人生を考えさせられる ディケンズ『クリスマスキャロル』感想

****なんか、読書感想文をここから引用する人がいるみたいなのであらすじについては消しました夏休み終わったら復活させますww クリスマスキャロル(クリスマスカロル)はいろんな出版社から日本語訳出ていま …

no image

(感想 ディケンズ)【本】世界でいちばん面白い英米文学講義 

  タイトル:世界でいちばん面白い英米文学講義―巨匠たちの知られざる人生 この著者はディケンズの研究家みたいだったので、ディケンズの濃い話がかいてあって、ワクワクしながら3度読みしちゃいまし …

no image

アメリカの歴史教科書 感想

 アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書をよみました 日本の歴史教科書・・・・年号並べ立てた教科書イギリスの歴史教科書・・・・家系図ばっかりの教科書韓国の歴史教科書・・・ファンタジーという噂の教科 …

no image

ジョージオーウェル『象を撃つ―オーウェル評論集』を読みはじめ

英語3のテキストにも載っているジョージオーウェルの『象を撃つ―オーウェル評論集』を読み始めました。こちらには、一冊に、複数の短編が入っている本です。象の撃つは2番目のお話。ビルマに駐在している英国人保 …

no image

ディケンズ『リトルドリット』感想4

リトル ドリットの続きを読んでいます。 遺産を手に入れ、大金持ちになったドリット氏ですが、急死してしまいました、そのあと、財界の重要人物 マードル氏も自殺して死にます。それら2つの死によって、主要人物 …