文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

倫理学

『基本の30冊 倫理学』感想

投稿日:


タイトル:
倫理学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊)

内容:倫理学を勉強する人に読んでもらいたい基本の30冊が
この本でわかりやすく解説されています。
生きる 働く 愛する 生きていくうえで誰もが考えることを
昔の人たちはどのように考えたのか
違った目線で考えさせられる一冊です。


倫理学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊)
 を読みました。

 
倫理学って、どんな本があるだろう?と気になって手に取りました。
セネカの 自殺について という章に興味持ちました。
セネカは自殺について、肯定の意見を持っています。
なぜ肯定するのか
人間の尊厳を死をもってでしか保てない場合
この先苦しみしかもたらさない不治の病を患ったとき
など、
考えさせられるセネカの考え。
そういえば、セネカ自身も自殺したんですよね。。。
 
マルクスの章も興味深かったです。
かれは『経済学、哲学草稿』のなかで
『国民経済学は、労働しない人間をどう処理するか
国民経済学にとっては実在せず、ただ他の目に対してだけ、すなわち
医者、裁判官、墓掘人、乞食狩り調査などの目にたいしてだけ
実在する者どもであり
国民経済学の領域外にいる亡霊たちである』
とのべています

労働してこそ人間の価値を認め 
労働しない人間を社会の亡霊として
人間としての存在を認めてない?
マルクスの考えは過激ですねぇ
 

これ、、もし私が無職で心の病もっていたら、
マルクスとセネカとリンクさせて自殺考えるな。。。 

哲学ともまた違った『倫理学』の世界
難しいですね・・・・・

心の弱いかたにはダメージ大きそうなので
おすすめしません。

-倫理学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『これならわかる! 哲学入門 』を読んでみました

タイトル:これならわかる! 哲学入門 倫理学の試験勉強をしているのですが、ヘブライズム、アリストテレスまではなんとなくわかるんだけど、カント以降がもう宇宙で、、、試験まで3週間をきっているのにコレはま …

no image

フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる倫理学

タイトル: フシギなくらい見えてくる! 本当にわかる倫理学 内容:タイトルのとおり、倫理学についてわかりやすく書いてある入門書。堅苦しいイメージの学問ですが、例えが日常生活の一コマなどを使っているので …

no image

倫理学レポート 課題タイトル「へブル人、キリスト者の倫理について」②《新約のキリスト》

倫理学レポートのその2を挙げてみたいと思います。 レポートの課題タイトルは「へブル人、キリスト者の倫理について」でした。 《新約のキリスト》 アレクサンダー大王による遠征以降、セレウコス朝、プトレマイ …

no image

『倫理学案内』を読んでみた。難しい….

テキスト科目履修要綱(正式名所あやふや・・・)に書いてある 「倫理学」の参考文献は、    『プレップ倫理学』『倫理学案内』の二冊ですが、 『倫理学案内』のほうを母校の図 …

no image

倫理学のレポート返ってきました。

ゴールデンウィーク中にかいた 倫理学レポート返ってきました。 合格でした(^O^) のこる 歴史哲学、 科学哲学は不合格だろうなあ、、! 倫理学って、どんなテストが出るんでしょう。 教科書、キリストユ …