文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

『中世ヨーロッパの都市世界 (世界史リブレット) 』感想

投稿日:

 

タイトル:中世ヨーロッパの都市世界 (世界史リブレット)
あらすじ
中世ヨーロッパの都市の特徴が多角的視点から書かれている本です。

今日は母校の図書館でレポート仕上げていました。
何冊も読んだ本の中で、良かった本を紹介します。

河原温先生の
中世ヨーロッパの都市世界
という本を読みました。レポートの参考なので、全ページは読んでいません。
自分に必要な情報ページを読みました。

私は今、とある町のことを調べているのですが、
その町は、中世の街並みを色濃く残した都市です。
中世の都市とはどのようなものなのか、詳細情報をもとめこの本にであいました。

中世ヨーロッパの都市の特徴としてはこんな感じのものがプロトタイプですね。
・城壁にかこまれている
・市街地の中心には市庁舎と教会

中世都市のまちなみは、おもにドイツらへんで今でもみることができます。
領邦国家の名残。
ヨーロッパの観光っていったら、だいたい旧市街めぐりですが、
これら「中世都市の特徴」を覚えておくと、
いざ迷った時に意外と役に立ちます。

中世の都市では基本的に
教会より高い建造物は立てませんでした。
教会と市庁舎を囲うようにつくられたまちなみがおおいので、
街の中心に行きたいときには
教会を目指します。結構地図なしでいけちゃう。

こちらの本を読んで、ひとつ大きな収穫がありました。
中世都市のこのような作りは、なんとアウグスティヌスが関係するらしいのです。
アウグスティヌスといえば、彼の『告白』は何度もよみました。
『神の国』も同じくらい有名なんですよね。

アウグスティヌスの言っていた「神の国」
この概念が理想とされ、大きく影響しているとのこと。
そういえば、
かつてフィレンツェで神権政治を展開した
サヴォナローラも、
しきりに「神の国」のことを唱えていました。
宗教者にとって、アウグスティヌスの神の国が
都市の理想だったのでしょうね。。。

ああ。。。神の国 読みたくなってきました。
彼の思想を知らずして
よーろパの歴史の深みを理解するのは
むずかしそうですね

ランキング参加しています
よろしくお願いします。
↓↓
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『ヘーゲルを読む』を読んでみました~!!

  岩波文庫『歴史哲学講義』を訳している長谷川先生の『ヘーゲルを読む』を読みました。 精神のすべての性質は自由を唯一の支えとしすべてが自由のための手段にすぎずすべては自由を求め自由だけを生み …

no image

歴史哲学のレポートあげてみる①。ヘーゲルとかプレハーノフが題材のやつ

歴史哲学のレポートを見つけたので上げてみたいと思います。 なんの題材かわすれたけど、ヘーゲルとプレハーノフのことがかかれてました。 とりあえずヘーゲルのほうからあっぷしたいとおもいます ヘーゲルは歴史 …

no image

『聖書の読み方』読みました

) 『ヘブライズム』な倫理学のレポート作成のあいまに気になる本があったので、読みました 『聖書の読み方 (岩波新書』という本です。 旧約聖書はともかく、新約聖書は、ホテルの客室においてあったり、クリス …

no image

最短記録かも。昨日の夜から読み始めた「オリエント考古学」、レポート半分書き終えました・・・

オリエント考古学にチャレンジ2日目。昨日の夜から読み始めたこちらのテキスト・・・ 図説 聖書考古学 旧約篇 (ふくろうの本)  読みやすいし、地図がたくさんでてきて、地理的な理解もしやすく、 …

no image

歴史哲学のレポートあげてみる②ヘーゲルとプレハーノフの歴史哲学

前回に続き、大学時代に書いた歴史哲学のレポートです。 レポート課題はわすれました。ヘーゲルとプレハーノフを読んで云々だとおもいます 今回はプレハーノフから。プレハーノフはどこにもうってなくって、手に入 …