文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

イスラーム トルコ史関連

アランパーカー「オスマン帝国衰亡史」感想

投稿日:

オスマン帝国衰亡史

今日はアランパーカーと言う人が書いた

「オスマン帝国衰亡史」という本を読みました。

【まとめ買いで最大15倍!5月15日23:59まで】ローマ帝国衰亡史 全10巻

価格:14,385円
(2012/4/19 13:04時点)
感想(0件)


ギボンの↑「ローマ帝国衰亡史」を髣髴とさせるタイトルですが、

中身もまあ、一言で言うと

ローマ帝国衰亡史のオスマン帝国版とでもいうのでしょうか。

ただ、なんというか、ちょっとわかりにくいです。


イスラームなので、絵が少ないのは気持ちわかるのですが、

スルタンの家系図とか、肖像画とか、

せめて、地図が載っていると良かった・・・・

スルタンで章区切りにしてほしいところですが、

よくわからな章のくぎりかたしているのが気になりました。



これを読むなら

高校の頃使っていた世界史Bの資料集と照らし合わせながら読むのをオススメします。

これならわかる!ナビゲーター世界史B(2)新課程用

価格:980円
(2012/4/19 13:06時点)
感想(8件)


こちらの「アランパーカー」という人、

プロフィール見なくてもイギリス人だということがわかるくらい

イギリス~~な文章を書いていますwww

イギリス人らしい文章構成、テーマ。

なので、時系列でおっていくぶんには

オスマン帝国の概要がつかめてくるかとおもいます。

第二次ウイーン包囲~のオスマン史がイマイチわからなかったのが、

この本を読んでなるほど!そうだったのか!!と理解することができました。


 

 

 

 

 

 

-イスラーム, トルコ史関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『イスラームとコーラン』 (講談社学術文庫) 感想

 タイトル:イスラームとコーラン (講談社学術文庫) 容:イスラームについて、コーランについての説明が多角的、わかりやすく書かれている本です。 最近イスラーム関連の本ばかり読んでいるので、ア …

no image

『カラー版 メッカ―聖地の素顔』 感想

タイトル:カラー版 メッカ―聖地の素顔 (岩波新書) 内容:メッカへの巡礼の様子が載っています 岩波新書にはめずらしい?写真ばかりの本です。 メッカといえばイスラームの聖地です。ムスリムの人たちは一生 …

no image

余部福三 『イスラーム全史』感想

【送料無料】 イスラーム全史 / 余部福三 【単行本】 価格:3,675円(2012/4/20 13:23時点)感想(0件) 昨日の昼から今日にかけて イスラーム全史という本を読んでいます。 この本、 …

no image

ティエリー・ザルコンヌ著「知の再発見 スーフィ」感想

【送料無料】 スーフィー イスラームの神秘主義者たち 「知の再発見」双書 / ティエリー・ザルコンヌ 【全集・双書】 価格:1,680円(2012/4/25 12:44時点)感想(0件) 創元社さんか …

no image

陳 舜臣訳『ルバイヤート』 感想

  タイトル:ルバイヤート オマル・ハイヤーム  あらすじ:四行詩でつづられたペルシア文学の最高傑作。人生を刹那的に考え、今を楽しもう、酒ヤッホー!という感じのストーリーオマルハイ …