文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

TSエリオット『キャッツ―ポッサムおじさんの猫とつき合う法』感想

投稿日:

作品名:キャッツ―ポッサムおじさんの猫とつき合う法 (ちくま文庫)
内容:詩人エリオットの、ねこばっかりの短編集。
気まぐれネコ、きれい好きなおばあさんネコ、政治大好きお金持ちなネコ
みんなに大切にされるおじいさんネコ、すばしっこい泥棒ネコなどなどが出てくる。
ミュージカル「CATS」の原作として有名。数ページ パグやポメラニアンも登場!

先日、横浜で ミュージカル「キャッツ」を見に行きました!
そこではじめて知ったのですが、

キャッツは TSエリオットが原作なんですね。
TSエリオットといえば、英文学を代表する詩人の一人で
ノーベル賞もとっているひとです。

小難しい作品しか読んだことなかったので、
キャッツの原作はどんなものかと思い
原作本を買って帰りました。

そうしたら、、
うんww
TSエリオットの好感度大幅にUP
まず、すごく読みやすいです。
そして、、読みやすいんですが、深い。
結構細かいものが忍ばせてあります。
キャッツのミュージカルの中で、
(これ、英語版みたら、結構韻踏んでいるんだろうなぁ)と
おもうところが多々あります。

本を読んでると、無性に英語版を読んでみたくなります。

厚みが無いので、英語の勉強にもなるし。。。

絶対。。。英語版を読んでみたほうが楽しそう。
なぜ、エリオットがネコの名前をそう名づけたか
英語を読めばすっきりしそうです。

コチラの本、あとがきもすごく面白かった。
ネコを人に当てはめると、わかりづらいかもしれませんといったことが書いてありましたが、
さすが、訳しただけあって、核心をついているなぁとおもったり。

ネコ好きにはもちろん、
マザーグースのような英国童話が好きな方にも
お勧めしたい。

英文科のかたには、
ぜひぜひ英訳と原書ペアで読んでほしい本でした~♪

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

アイルランドの詩人 イェイツの世界

 文学科のカテゴリーがイマイチわからないのですが、 英語圏のアイルランド文学は「英米文学」になるのでしょうか。 アイルランドもすばらしい作品が沢山ありますよね。 以前、アイルランドに上陸した …

no image

イギリス文学探訪  感想

 タイトル:イギリス文学探訪 (NHKライブラリー) 内容:詩人・小説家のゆかりの地めぐりから当時と今のロンドンのご紹介まで文学的視点からイギリスという国をみた一冊 近所の図書館が10日くら …

no image

ディケンズ『リトル・ドリット』感想その2

リトルドリット、まだまだ読み途中です。 まだ、話のオチがぜんぜん読めなくって、むずむずしています。 リトルドリットというタイトルですが、 どうやらアーサークレナム氏が話の中心となっているようです。リト …

no image

近世英文学史のレポート?と参考にした本。15世紀から17世紀前半まで

私が専攻したのは英文学ではありませんが、英文学が好きでその関係の講義をいくつかとっていました。そのうちの1つ英文学史(近世だったかな?)のファイルがpcからでてきたのであげてみたいとおもいます。以下が …

no image

(感想 ディケンズ)【本】世界でいちばん面白い英米文学講義 

  タイトル:世界でいちばん面白い英米文学講義―巨匠たちの知られざる人生 この著者はディケンズの研究家みたいだったので、ディケンズの濃い話がかいてあって、ワクワクしながら3度読みしちゃいまし …