猫愛がつまった「猫の日本史」をよんでみた感想

2017年10月4日

ねこが大好きです(╹◡╹)

なので、タイトルに惹かれて手にとってみました。

洋泉社ででている  猫の日本史

です。

今年出たばかりの本ですよー♪(´ε` )

歴史作家の桐野作人先生が書いてます。

この本には猫愛がつまっていて、猫好きには癒しの本になると思います

天皇の日記に登場するねこ

左大臣右大臣など、偉い人集めておこなわれた猫の誕生祝い

猫が帰ってこなくて、般若心経となえたら帰ってきたうんぬん

とか、ほんとかわいい。

わたしは日本史まったく知識ないけど、読みやすい文章で、最後までたのしめました。

桐野さんは猫好きなんだなあというのも、この本からつたわります

わたしがこのほんで一番好きなところは、260ページからの、大田南畝の猫賊を略した紹介

猫が愛しく感じる文でした

( *´ω`* )

 

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA