文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

マルク ブロック 『封建社会』感想

投稿日:

西洋史専攻なら避けて通れない大家の基本中の基本の本、
いまさらながらに読んでいます。

この本、歴史はもちろん、ヨーロッパの地理に明るくないと、
難しい本です。

タイトルのとおり、封建社会について述べられている本。
封建制度そのものだけでなく、
封建社会内での司法
教会
ふかーく書かれていて

おおお!!!そうなんだ!!!の連続。

封建社会といっても、
各国それぞれけっこう違った動きを見せていて、
それのおおもとをたどれば
ローマ帝国、シャルルマーニュ、教皇との微妙な関係へ結びつく。

それがわかると、歴史の流れへの理解が深まり、
西洋史のお勉強が一段と楽しくなりますww

この本では、数行ですが、
日本の封建制の特徴も書かれていて、
マルクブロックの博識ぶりに さすが~と感心するばかりです。
しかも、日本史まったくわからない私でも
わかる、明瞭な書き方!

何で、日本の封建制度は長く存続していたか、
それは、封建制度のトップが、天皇ではなく、将軍でとどまっていたから
~のような説明がなされていました!!!!

日本の天皇家って、ノルマンコンクエスト以前から存在しているんですよね。
連綿と続く王朝と比べたら、私の人生はみじんこもないんだろうなぁと
しみじみ思いながら、

読了。

これを読むと、封建制以外のことも、
なんとなく ピン!とフラグたちます。

なぜ宗教改革がドイツであれほど広まったのか
フランス革命の面たる原因

封建以降のでっかい出来事についても
この本にヒントがあった気がします!!!

一回読んで、結構収穫があったので、
卒業するまでにあと2回くらいは読んでみようと思います~~~

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

EHカー『歴史とは何か』 歴史における神について

タイトル:歴史とは何か (岩波新書) 内容:史学概論といえばコレ!歴史学の入門書ともいうべき本。歴史学がたどってきた歴史と、歴史家が持つべき視点などが書かれています。 史学概論のレポート作成のため、E …

no image

佐藤賢一著『英仏百年戦争』感想

  タイトル:英仏百年戦争 (集英社新書) 直木賞作家佐藤賢一著。英仏百年戦争とは何か。そもそも本当に100年の戦争だったのか百年戦争の原因をノルマンコンクェストから掘り下げて解説してくれて …

no image

イギリスの封建制度 マグナカルタ以降について

3、マグナ・カルタ 王権の伸長を狙っていたジョン王は、封主であるフランス王に逆らい、戦争に負け大陸領を没収された。ジョンは王の封建的諸権利に基づき統治をし、権利の侵害も盛んに行っていた。そのためしばし …

no image

名画で聖書をたどる!『アートバイブル』感想

実家から持って帰ってきた本の1冊に『アートバイブル』という本があります。 こちらも面白い一冊なんです。聖書のワンシーンを描いた名画とシーンの一節が書かれた、聖書名シーン集+宗教絵画集のような本で、 旧 …

no image

19世紀のフランス文学レポート1「ミシュレについて」 ミシュレの描く歴史

続いての「大学時代のレポート」中身公開?後悔wwwは、19世紀のフランス文学という科目です。 私は19世紀のイギリス文学が大好きですが、そういう科目はなかった記憶があります。でも19世紀のフランス文学 …