『基本の30冊 倫理学』感想
倫理学 / 2012年7月30日

タイトル:倫理学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊) 内容:倫理学を勉強する人に読んでもらいたい基本の30冊がこの本でわかりやすく解説されています。生きる 働く 愛する 生きていくうえで誰もが考えることを昔の人たちはどのように考えたのか違った目線で考えさせられる一冊です。 倫理学 (ブックガイドシリーズ基本の30冊) を読みました。   倫理学って、どんな本があるだろう?と気になって手…

ツルゲーネフ『初恋』感想
ロシア文学 / 2012年7月18日

  タイトル:ツルゲーネフ 初恋 (岩波文庫)内容:主人公は16歳の少年21歳?の隣人の女性に初めての恋心をいだきますが、女性には想い人がいる様子。実は彼女の恋人は・・・・意外な人物だったというストーリー。 この時期ならではの思春期の葛藤のようなものが細かく描かれていて、心理描写が多いなぁという印象をうけた作品。 ツルゲーネフの『初恋』を読みました。ロシア文学は20代前半に結構読みふけり…

『続・地理学の古典―フンボルトの世界』 感想
旅行 / 2012年7月11日

タイトル:続・地理学の古典―フンボルトの世界内容地理学の金字塔フンボルト博士の発見と、彼の未開地への冒険のたびをつづった一冊。アメリカ大陸をはじめとして、世界中を旅し、さまざまな植物を採取し、火山の河口付近へとのぼり、船の上では海流を研究したフンボルト。 彼の知識欲と好奇心によって発見されたものは数知れず、地理学をはじめとするいろいろなジャンルの学問の発展に貢献しました。ぜひ夏休み、大学生や高校生…

ジョン ダン詩集
英米文学 / 2012年7月4日

図書館で、ジョン ダン詩集を読んでみました。 16世紀~17世紀、イギリス人の詩人で 初めて読みました。 感想かけるほど、理解はしなかったのですが、最初のほうに載っていた「蚤」というタイトルの詩にギョギョっとなりました(ーー;)蚤が君と僕の血を吸い、それが蚤の体内で混ざり合い云々という なんか、同人誌とかでみたことありそうなネタですが。。。 なんというか、うん。。この方の描く恋愛は、なんかくせがあ…

『イスラム世界おもしろ見聞録』 感想
イスラーム , トルコ史関連 / 2012年7月3日

今週末に試験を控えた東洋史特殊の勉強の合間に読みました。 勉強の補助としてより、休憩時間に軽く読むかんじの本です。イスラーム世界について、国ごとに微妙なしがらみだとか、その国独自の思想や民族問題などがわかりやすくかかれています。 トルコのページが、興味深かったです。 イラク北部にクルド人が多く住むというのはきいていましたが、自治政府があるとは知りませんでした。 イラク北部といえば、トルコの東部とも…