猫愛がつまった「猫の日本史」をよんでみた感想
東洋史 / 2017年10月4日

ねこが大好きです(╹◡╹) なので、タイトルに惹かれて手にとってみました。 洋泉社ででている  猫の日本史 です。 今年出たばかりの本ですよー♪(´ε` ) 歴史作家の桐野作人先生が書いてます。 この本には猫愛がつまっていて、猫好きには癒しの本になると思います 天皇の日記に登場するねこ 左大臣右大臣など、偉い人集めておこなわれた猫の誕生祝い 猫が帰ってこなくて、般若心経となえたら帰ってきたうんぬん...

岩波文庫「ベルクソン 笑い」を読んでみた
フランス文学 , 西洋哲学 / 2017年10月4日

先月末から、のんびりとベルクソンの「笑い」を読んでいます。 フランスの哲学者 ベルクソンが、笑いの概念、笑いが引き起こされる構造的なやつを細かく考えていく内容の本です。 ベルクソンをなんで買ったのか覚えてないけど、棚に眠ってたのをよんでます。 あまりよんだ記憶ないから、初見かも。 ベルクソンはノーベル文学賞を90年くらい前にとっていて、日本語訳された書物もおおいですが、笑いは比較的読みやすいほんだ...

はじめての「マーケティング」1年生 よんでみた
お仕事とかPC / 2017年10月3日

はじめての「マーケティング」1年生 (アスカビジネス) をよみました。一晩、、二、三時間で読める本でした 新入社員でマーケティング部に配属されてきた女の子中心に、家庭用のパスタ製造機のマーケティングを考えてくような内容でした。 学術的な本じゃないので気軽に読める感じでしたが、コトラーとか、4pとかわかりやすくて面白かったです ただ、ライバル社が、ツイッターで広告ツイート連投で炎上した下りがいまいち...

人文地理学レポート2「持続可能な開発」について。持続可能な開発の概念
地理 / 2017年10月2日

人文地理学レポート2「持続可能な開発」について。持続可能な開発の概念 大学時代に書いた人文地理学のレポート「持続可能な開発」についての続きを挙げてみたいと思います。 人文地理学のレポートに関しては全く記憶がないのですが、人文地理学という科目は好きでした。人文地理学のテキストだったかな?ハゲットの名言が書かれていて、心に響きました。 地理学を学ぶことによってもたらされる最大の贈り物は、 だれでもがそ...

人文地理学レポート1「持続可能な開発」について
地理 / 2017年9月30日

人文地理学のレポート 「持続可能な開発」についてのレポートを上げてみたいと思います。 このレポートは完全に記憶ありません。持続可能な開発って言葉自体もうまったく聞き覚えがない でも、pcにレポート書いたファイルがあったので、きっとやったんかとおもいますww このレポートを書くために読んだ本は以下の通りです。 <参考文献> ●小澤徳太郎『スウェーデンに学ぶ「持続可能な社会」』 朝日新聞社2006 ●...

科学哲学のレポート5アウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違い
西洋哲学 / 2017年9月22日

アウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違いというレポートタイトルでかきました。 科学哲学のレポートは難産だった記憶はありません。レポート合否基準はちょっと緩かった記憶がありましたよー   ≪参考文献≫ アウグスティヌス『告白(下)』 服部英次郎訳 村上 陽一郎『時間の科学』 和田 純夫 『プリンキピアを読む』 中山 康雄『時間論の構築』 アウグスティヌスの時間概念と科学で使...

科学哲学のレポート4アウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違い
未分類 / 2017年9月21日

科学哲学のレポートは4000文字以上書いたような記憶が・・・   レポートタイトルは:アウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違い です。 アウグスティヌスの時間論 ↓ ライプニッツ論争 ときて、今回は熱力学とアインシュタインの相対性理論 ≪参考文献≫ アウグスティヌス『告白(下)』 服部英次郎訳 村上 陽一郎『時間の科学』 和田 純夫 『プリンキピアを読む』 中山 康雄『時...

科学哲学のレポート3アウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違い
未分類 / 2017年9月20日

前回はアウグスティヌスの時間論をupしました。 今回はニュートンとライプニッツ論争をの方をあげてみたいとおもいます。 ≪参考文献≫ アウグスティヌス『告白(下)』 服部英次郎訳 村上 陽一郎『時間の科学』 和田 純夫 『プリンキピアを読む』 中山 康雄『時間論の構築』 このレポートは、アウグスティヌスの方は調べて書いた記憶があるのですが、 ニュートンとかは全然覚えてないwwwwでもレポートがあるっ...

科学哲学のレポート2アウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違い
キリスト教史 , 西洋哲学 / 2017年9月20日

科学哲学のレポートその2です。 課題タイトルはアウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違いです。 今回はアウグスティヌスの時間論に関して。アウグス ティヌス 告白 (下) (岩波文庫 青 805-2)中心にかきました。 このレポートの参考文献はこの4冊。 ≪参考文献≫ アウグスティヌス『告白(下)』 服部英次郎訳 村上 陽一郎『時間の科学』 和田 純夫 『プリンキピアを読む』 中山 康...

科学哲学のレポート1アウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違い
キリスト教史 , 西洋哲学 / 2017年9月19日

科学哲学のレポートを挙げてみたいとおもいます。 科学哲学のレポートは、自由課題だったような気がするあ?違うかも?数点の中から選べだったかも?私はアウグスティヌスが好きなので、アウグスティヌスの時間論を選択しました。 アウグス ティヌス 告白 (下) (岩波文庫 青 805-2)に載せている時間概念と科学革命以降の時間概念の違いをたしかレポートで書いたんです。 参考文献はこんなかんじ。 ≪参考文献≫...