名画で聖書をたどる!『アートバイブル』感想
ヨーロッパ史 , 西洋美術史 / 2012年11月12日

実家から持って帰ってきた本の1冊に『アートバイブル』という本があります。 こちらも面白い一冊なんです。聖書のワンシーンを描いた名画とシーンの一節が書かれた、聖書名シーン集+宗教絵画集のような本で、 旧約から新約聖書まで、さまざまなシーンの絵画を見ることができます。 この本では中世、ルネサンス、マニエリスム、バロック、ロココ美術史の流れは無視して、まぜこぜになっています。 なんでこのシーン、この画家…

思い出の画集『botticelli【ボッティチェリ】』を持って帰ってきた
ヨーロッパ史 , 西洋美術史 / 2012年11月12日

先週は、4年ぶり?くらいに実家へ帰りました。そして、手に持てる範囲の本をお持ち帰り。 慶應通信を卒業するために必要そうな本の一部。あとは、高かった本などWW 高校生のころ、バイト代10日分くらい吹っ飛ぶ高い本を購入しました。それがこちら。 ボッティチェリの画集です。高校は自腹で行っていたので、かなり痛い支出でしたが、がんばった。。。 定価はアメリカドルで95ドル。。。今なら1万円くらいでAMAZO…