文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

「 日別アーカイブ:2012年05月11日 」 一覧

no image

『イランとイスラム―文化と伝統を知る』 感想

2012/05/11   -イスラーム, 東洋史

 タイトル:イランとイスラム―文化と伝統を知る 内容:イランの歴史とは切り離せないゾロアスターとイスラームとの関係やイランといえば、シーア派。シーア派の歴史などが書いてある本イランとイスラム …

no image

陳 舜臣訳『ルバイヤート』 感想

2012/05/11   -イスラーム, 東洋文学

  タイトル:ルバイヤート オマル・ハイヤーム  あらすじ:四行詩でつづられたペルシア文学の最高傑作。人生を刹那的に考え、今を楽しもう、酒ヤッホー!という感じのストーリーオマルハイ …