古代オリエント考古学?のレポート①ヘレニズムとユダヤ
ヨーロッパ史 / 2017年9月8日

  古代オリエント史?だか古代オリエント考古学だか忘れましたが、ヘレニズムのレポートがあったのであげてみたいと思います。 これも何のタイトルでかいたのか忘れましたが、序文に 本レポートでは、分裂していった国ごとに章分けし、ヘレニズムを受け入れ融合した例、宗教とヘレニズム文化の不一致のため抵抗を示したユダヤ人の例を挙げてヘレニズム文化が古代世界におよぼした影響を追っていく。 とかいてあるの…

史学概論のレポートその2E・H・カー『歴史とは何か (岩波新書)』とか『歴史学の革新―「アナール」学派との対話』を読んで書いたやつ
ヨーロッパ史 , 東洋史 / 2017年9月8日

たしか、史学概論のレポートは2000文字以上書かないといけないとかあった気がします。たいてい大学のレポートは○枚以上とか○文字以上とか決まりがありますが・・・私はいつも文字数で苦しむので、無駄にフルネームを連呼したりします。たとえば、メディチ家のロレンツィオだけでいいところを、メディチ家のロレンツィオ=デー=メディチ(イルマニフィコ)とか書いて文字数を稼ぎますwwこんなんの繰り返しだからすごく読み…

ニーチェ著『ツァラトゥストラはこう言った(上)』の身体の軽蔑者 がおもしろかった
ヨーロッパ史 , 西洋哲学 / 2017年9月8日

毎日本を持ち歩いています、今日は本棚にある本を適当にとって、それを読みました。 今日読んだ本がこちらです ニーチェ著『ツァラトゥストラはこう言った(上)』 私はニーチェについて詳しく勉強したことがないので、この話は実は○○批判だとか ここにでてくる○○は実は○を表してるとかまったくわかりません。 そのため完全に素人読みになりますが、気になった章があるのでそこを挙げてみたいと思います。 その前に、上…