文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

資格・TOEIC

ヤフープロモーション広告プロフェッショナル試験アドバンストを半月でどうにか合格した話

投稿日:

ヤフープロモーション広告プロフェッショナル試験アドバンストを受けてきました。

ヤフープロモーション広告運用知識を問われる試験で、
マーケティング関係のお仕事をしている人にはおなじみかもしれません。

ヤフープロモーション広告プロフェッショナル試験アドバンストの試験内容や、試験勉強についてあげていきたいとおもいます。

私がヤフープロモーション広告試験に費やした勉強期間はぴったり二週間です。
今月5日から18日試験当日までの期間につめこみました。

勉強時間は50時間くらいかとおもいます、

わたしのヤフープロモーション広告に関する知識はほぼゼロからのスタートでした。
まず、ヤフープロモーション広告の管理画面にログインすらしたこともない素人です。

すでに運用経験あるひとならば、試験は手こずらないかもしれません。
まずは最初の2日にベーシックの練習問題を丸暗記してから、アドバンストの勉強はじめました。ベーシックは試験受けてません。アドバンスト一発勝負を選びました。

ヤフープロモーション広告にログインしたことない私がいちばん覚えるのにくろうしたのは、ヤフープロモーション広告のアカウント階層構造です。アカウント、キャンペーン、広告グループ、キーワード、広告ページ
それぞれ何ができるのか。
何回まとめても練習問題でまちがえる。

それ以外は、

ランニングポータルで知らない単語出てくる

付箋にわからなかった単語を記入
手帳に貼って2ページ以内になるように調べる。
辞書みたいに並び替える。

この流れで知らない単語つぶしました。
わたしの使う熊谷式の手帳にある
ミーティングメモは語順に並び替えできて気に入ってまする
ヤフープロモーション広告試験は知らない単語ばかりで、メモ帳40枚くらい使いました
参考になる本をいくつか挙げると、スポンサードサーチの方は

まずはスポンサードサーチから勉強した方がいいかもです。私はこっちの方が覚えやすかった。
YDNの方は、それだけに的を絞ったような参考書がなかった・・・・


なので、とりあえず単語は丸暗記して、あとランニングポータル丸暗記でいどみました。

試験は御茶ノ水のソラシティでした。
受験票(自分でぷりんとしたもの)
身分証明 顔つき、顔なしそれぞれ一つ
試験会場、試験は自由にえらべます。でも日曜日は開催箇所が限られていて、うちの近所だと、御茶ノ水か銀座。御茶ノ水のニコライ堂を見に行きたかったので御茶ノ水の試験会場選択。

プロメトリックの用意した会場?で、一人一台パソコンがあるところでうけます
ロッカーに全ての荷物を預けます。
スマホはもちろん、筆記用具も時計すら持ち込み不可です。

パソコンにiDうちこみはじめます。
きになるしけんないようですが、
過去問とほぼ同じのが一割くらいあったきがします。
似たような問題と合わせると六割くらいあるので、過去問題を攻略することで、ある程度点数取れます。
あとはweb広告の本
マーケティングの本
よんでとった感じです。
ウェブマーケティングは流れが早いので、運用や試験勉強に使うならば、発行年が新しい本じゃないと使えません。読むだけ時間の無駄になるので、最新のを読みましょう。
ヤフープロモーション広告と、グーグルアドワーズの運用は別物なので、アドバンストを受験するならば、ヤフープロモーション広告だけに標準を絞った本がいいです。

試験は、終了ボタン押せば、早めに終わらせることも可能です。
わたしは落ちたとおもったので、見直ししないで終了ボタン押してサラっとおわらせました
でも結果 合格したので
すごくびっくりです
もう一回受けずに済んだので、試験の神様に感謝します。

さいごに
一応きになってるひといるかもですが、
2018年2月中頃時点で、ツイッター広告は試験に出てきてませんでした。
ヤフータグマネージャーについて、なにそれ?みたいな問題が出てきて、軽くめまいがしました。ヤフータグマネージャーはしっかりやっておきましょう笑

受験生のなかには、わたしみたいにヤフープロモーション広告にログインしたこともない、まったくの素人もいるかとおもいます。その場合はヤフープロモーション広告ベーシックを勉強してから入る方がいいかもです。
わたしが直前に確認したのは
アカウント階層構造
検索の仕方とクエリー
権限
広告表示オプション
です。

-資格・TOEIC

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事