文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

フランス文学 西洋哲学

岩波文庫「ベルクソン 笑い」を読んでみた

投稿日:2017年10月4日 更新日:

先月末から、のんびりとベルクソンの「笑い」を読んでいます。
フランスの哲学者 ベルクソンが、笑いの概念、笑いが引き起こされる構造的なやつを細かく考えていく内容の本です。

ベルクソンをなんで買ったのか覚えてないけど、棚に眠ってたのをよんでます。
あまりよんだ記憶ないから、初見かも。

ベルクソンはノーベル文学賞を90年くらい前にとっていて、日本語訳された書物もおおいですが、笑いは比較的読みやすいほんだそう。

ただ、わたし的にはよみにくいかなあ。
笑いが引き起こされるメカニズムなどに、劇の演目?劇の?登場人物か引き合いに出されてる場合が多いですが、元ネタがわからなすぎて笑いどころがわからないという

……

スカパンが老ジェロントにむかって、かれの息子が拉致されて噂に高いガリー舟に捕りょになってること、一刻も早く彼を贖いに行なわなければならぬことをしらせにやってきたとき、
ドリーヌ早くオルゴンの盲目ぶりをからかってるのとまったくおなじく、彼もジェロントの吝嗇ぶりをらからかっているのである

 

、、、んー。。これは笑うとこなのかさっぱり

例えが出るたびに???の連続でした
(*´-`)勉強不足が身にしみまする

-フランス文学, 西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

戸部松実 『エミール談論』に書いてあった「ルソーの捨て子事件」について

タイトル:『エミール』談論 内容:エミールの中にかかれた 自然の教育とは、 ルソーのいう人間、市民の定義とは、当時の里子についてなど、テーマごとに談論という形式で エミールを読み解いていくというスタイ …

no image

歴史哲学のレポート作成開始。

倫理学の勉強と併用して歴史哲学のレポート作成にも取り掛かりました。 うちの近所の図書館にはプレハーノフに関する文献は皆無ですね・・・ ヘーゲルはうちにある本でカバーしようと思います。 ヘーゲルの歴史哲 …

no image

『サルトル むかつき ニートという冒険』  感想

  タイトル:サルトル『むかつき』ニートという冒険 (理想の教室) 内容:サルトル著『嘔吐』の解説を、ニートに語りかける形で解いている本 サルトル『嘔吐』と一緒に、サルトル『むかつき』ニート …

no image

『90分でわかるデカルト』読んで親近感わいた。

ぎっくり腰になる直前に、取り組み始めたのが「西洋哲学史Ⅱ」でした。 選択できるレポート内容で、消去法でデカルトを選びました。 選んだといっても、デカルトって  ラテン語の試験で2回も出てきた「Cog …

no image

アウグスティヌス『告白』 食欲の誘惑に対する態度

アウグスティヌスの『告白』の中で、興味ある箇所を論じるのがレポート課題  レポート課題には出来なさそうですが、とても気になる箇所があるんです。それが、下巻p56からはじまる食欲の誘惑に対する態度 につ …