文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

お仕事とかPC

あ、それ欲しい!と思わせる広告コピーのことば辞典

投稿日:

今日は仕事で使う本をよみました

ことばとコピーをつなぐあたらしい意味が体系化された実用書です。

企業でつかわれたコピーを3000本収録の辞典になってます

かんたんな国語辞典の広告コピー版みたいな本です。

ビジネスパーソン必読とかいてあります。

マーケティング部とかにいる場合はかなりやくにたつとおもいます

広告コピーや企業スローガン考えるときによみたい一冊


「あ、それ欲しい! 」と思わせる広告コピーのことば辞典とは

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2017/3/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822251985
  • ISBN-13: 978-4822251987
  • 発売日: 2017/3/24

最近出た本です。¥2400最近といっても半年くらい前?古めかしい学術書ばかりよんでいるので、5年以内に出たやつは全部新しい気がしますが、特にこの本は直近で読んだ雑誌以外の本で一番新しい気がする

あ、それ欲しい!と思わせる広告コピーのことば辞典中身は

辞典なので、  からはいります。

ああ

アート

というかんじでならびます。

わたしは広告コピーで一番好きなことばがあるので、その言葉がかいてあるかみてみました

見出し語は「そうだ」

語義と広告での用法は「アイデアを思いついたときに出る感嘆表現」類義語→そうかとかいてありました

コピー作品例

そうだ、京都、行こう

(*゚∀゚*)あったー!そうだ京都行こうてフレーズがすごくすきなんです。やはりありました

うれしいね( ^ω^ )

こんな感じで

1.単語

2.意味

3.使用例

がかかれています

人目をひくようなフレーズ考えてる人も、わかりやすい定番フレーズ考えてる人もわかりやすいほんかとおもいます

先日読んだ売れるキーワード事典と組み合わせてよむのもいいかも。

売れるの方はシーン別に引くのに便利だし、

こっちの本は単語でひきやすくなってます

 

1922年以降に発表されたコピーやスローガンが載っているので、時代がかったのがちらほら

でも、古いものは一周回ってあたらしく感じたりするものです

やわらかいあたまでコピーを閃くきっかけの本になってくれるかも?

 

わたしがコピーとか企業スローガンでおもいだすのは

そうだ京都行こう

死ぬのが恐いから飼わないなんて、言わないで欲しい。

いまうるわしの奈良

かっぱかっぱかっぱのマークのかっぱ寿し

キリンさんがすきです。でもぞうさんのほうがもっとすきです

猫まっしぐら

イタリア人が認めなかったパスタ

やっぱこれだねーロッテのトッポ

名もなき道の向こうに

餅を愛し餅とともに生きる

すべての人生がすばらしい

とかかな。なんか食べ物がおおいきがする

(*゚∀゚*)食べ物すきだからww

-お仕事とかPC

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

今のところ一番参考になると思ったリスティング攻略本がこちらだった

ゴールデンウィークにリスティング関連書籍を何冊か読みました。 何冊か読んだ中で、 これからリスティング広告を始めたいという人に一番お勧めしたい!と思ったのがこちらの本でした。 ちなみに、この本は最初借 …

no image

新版SEMリスティング広告読んでみた

WEB担当者が身に着けておくべき100の法則が書かれた SEMの攻略本です。 顧客の行動を理解して最大の利益をつかむグーグルとヤフーを攻略する最新ノウハウ本・・・ と書かれていますが、私が購入したのは …

中経の文庫『トヨタの口ぐせ』読んでみた。

トヨタの口ぐせ (中経の文庫)読んでみた。 三連休中の暇つぶし読書3冊目です。 昨晩は台風で風がびゅんびゅん竜巻注意報が出ていてうるさいくらいで眠れず 夜中の読書がすすみました 昨晩読んだのが(株)O …

no image

実務入門 図解でわかる広告入門読んでみた。テレビ、ラジオなどの広告料金とか載ってて面白かった

3連休中の読書二冊目、実務入門 図解でわかる広告入門を読みました タイトルの通り、広告に関する入門書です。 図がおおいので、割とリラックスしながら読むことができました。 こちらの本の目次はこんな感じで …

経済学が面白いほどわかる本マクロ経済編マーケット論よみはじめ

すごく読みやすい経済学の本に出会いました 経済学が面白いほどわかる本です 日本一やさしい経済学の本と表紙にかいてあるけど、 わたしが読んだ数少ない経済学関係の本のなかでは 一番よみやすく いちばんわか …