文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

フランス文学

ルソー『エミール』下巻に書いてある「旅について:という章は好き。

投稿日:

タイトル:エミール〈下〉 (岩波文庫青 622-3 )
内容:ルソーの書いた教育書で、エミールという架空の人物に理想の教育をさせるというスタイルで書かれている。下巻は成長したエミールがどのような人間になったかなど書かれている

私がレポートの参考にしたのは主にエミールの上巻ですが、
下巻も読みました。その中で一番興味ひかれたのはp274から始まる
「旅について」

ルソーの考える「旅について」は共感できること多く
心に残りました。

フランスほどたくさんの歴史や旅行記が印刷されている国はないが
フランスほど人々が他の国民の精神や風俗を知らない国もない。

本を読んだだけでその国のひとたちをしった気分になっているが、
パリにたくさんいる外国人にたいしては異常な現象とみなして
その人たちを驚いて目をみはる。

一国民しか見ていないものは、人間というものを知ることにはならないで、
一緒に暮らしてきた人々を知っているだけだとということを、
異論の余地ない格率と私は考えている

とルソーは旅に対する肯定と、
本だけ読んで理解した気分になっているフランス人たちを批判していました。

このあたりを読んでいると ワーズワスの 「発想の転換こそ」という詩を思い出す・・・

これはルソーの時代の話だけじゃなくって、
私も共感をおぼえます。
<~

知識を得るためには国々をめぐりあるくだけでは十分ではならない
旅の仕方を心得ていなければならない

旅のスタイルを国ごとに解説している。

フランス人は一番旅行する国民だけど、
自分の国のことで頭がいっぱいだし
旅行するとき、なにかしら利益を目指しているが

逆に、イギリス人は通商を目的として何かいっぱいもっていくことはあるにしても、
彼らは金を使うために旅行をするため、フランス人にくらべて
外国で一層よく学ぶことにもなる
しかし、、イギリス人も国民的偏見をもっている。
でも、その偏見は無知よりも情念に基づいている傲慢から生じる偏見がある

ルソーによると、一番得るものがおおい旅の仕方をしているのがスペイン人なんだとか
理由はエミールに書いてあるのでよんでみてください。

私が大好きなディケンズも、アメリカやイタリアなどに旅行したものを本にしています。
ディケンズとルソーは生きた時代が100年くらい違う人だけど、
ルソーの言う イギリススタイルの旅行は、
ディケンズにも当てはまるなぁ・・・と思ってしまった。

ディケンズはアメリカでもイタリアでも
イギリス目線で、 アメリカのここがけしからん とか、これだからイタリアはうんぬんってのが
けっこうあったし。
でも、小説家としての旅行する目線はすばらしくって、やっぱりディケンズだいすきなんだけど・・・・
って・・・

うーん。こんなことしている場合じゃない
レポートかかねば

image

-フランス文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか レポート

西洋哲学史2のレポートもでてきました。 デカルトの省察をよんで書いたレポートです。このレポートで課題クリアした記憶がありませんwww おちたレポートかもww   西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察 …

no image

19世紀のフランス文学レポート1「ミシュレについて」 ミシュレの描く歴史

続いての「大学時代のレポート」中身公開?後悔wwwは、19世紀のフランス文学という科目です。 私は19世紀のイギリス文学が大好きですが、そういう科目はなかった記憶があります。でも19世紀のフランス文学 …

no image

19世紀のフランス文学1、現在706文字

テキスト 最新フランス文学 この二冊で書いてみましたが、700文字が限界です。 ただ、最新フランス文学史の ミシュレに関する説明は、 少ないながらもわかりやすい。 ミシュレは、 ランケのような、客観的 …

no image

岩波文庫「ベルクソン 笑い」を読んでみた

先月末から、のんびりとベルクソンの「笑い」を読んでいます。 フランスの哲学者 ベルクソンが、笑いの概念、笑いが引き起こされる構造的なやつを細かく考えていく内容の本です。 ベルクソンをなんで買ったのか覚 …

no image

ルソー『エミール 第一編』を読みました!

教育思想史のレポートを書こうと、エミールを読みました。エミール、家にあるのを読んでみたのですが、この本の発行が昭和33年・・・・わたしの親が生まれた年のものです・・ルソーじゃなくって「ルソオ」で、エミ …