文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史 英米文学

加藤恭子『アーサー王伝説紀行神秘の城を求めて』読んだ!

投稿日:


 タイトル;アーサー王伝説紀行―神秘の城を求めて (中公新書)

内容:アーサー王伝説の概要と、舞台となったと推測されている場所を訪れた著者がそこで何を見たか、
現地の人はどうみているのかなどが書かれた本。読みやすい。

スクーリングを終えて、レポートにとりかかりたいところですが、
現実逃避にアーサー王関係の本をよみはじめました。

加藤恭子『アーサー王伝説機構 神秘の城を求めて』
だいぶ前に購入した本で、もちろん、昔読みましたが・・・・

永遠の恋人 ランスロットの章を再度読み返しました。
毎度の事ながら、ランスロット卿がイケメンすぎて眩暈がします。

架空の人を含めると、英国3大イケメンは
1、ランスロット(アーサー王物語)
2、フィリップ・シドニー(詩人)
3、ジョン・ナイトリー(Jオースティンの小説『エマ』に出てくるイケメン)
ですね

ランスロットというと、アーサー王物語の中心人物の一人(中心人物だよね?え?私だけ?)で、
アーサー王に忠誠を誓う騎士でありながら
王妃への愛ゆえになんやかんややらかして
逃げてドンパチうんぬんという中二病設定の人物ですが、イケメン

私は、ランスロットが息子ガラハッドとの出会いのシーンがどんな感じだったのか 
ランスロットが逃げおおせたとき、ガラハッドはどういう心境で、どっち側についたのか
いまいちわからんかったので、この本を読んでみたけど・・・・
やっぱりわからなかった・・・そこのところは、アーサー王伝説シリーズ読まなきゃだめかな

あと、アロンダイトのことも気になっていたけど
永遠の恋人の章にはかいてなかったなぁ・・・他の章にあったりするかな?読んでみよう。
ランスロットはアロンダイトという剣を持っているという話は有名ですが、
それは あとづけ という話を聞いたので、ルーツを知りたくなったんですよ

アーサー王伝説に関する本を読み漁ってしまいそう~~
レポートとはまったく関係ないけど

コチラの本ではガラハッドについての記述は少ないけど、
時折出てくる伝説の場所と、ここであろうと推測されている場所の記述があるので、
物語をよみながら、地理的な把握ができるのでワクワクします
ああ。イギリス行きたい・・・ってなる

-ヨーロッパ史, 英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

19世紀のフランス文学レポート2「ミシュレについて」 ミシュレ『フランス革命史』

19世紀のフランス文学レポートの本文はこちらです↓↓ 2.『フランス革命史』 ミシュレは『フランス史』に接続する形の『フランス革命史』という本を出版しているが、革命のはじまりからロベスピエールの死まで …

no image

(感想 ディケンズ)【本】世界でいちばん面白い英米文学講義 

  タイトル:世界でいちばん面白い英米文学講義―巨匠たちの知られざる人生 この著者はディケンズの研究家みたいだったので、ディケンズの濃い話がかいてあって、ワクワクしながら3度読みしちゃいまし …

no image

エドマンドキング『中世イギリス』感想 イギリス萌え~

タイトル:エドモンドキング『中世のイギリス  』内容:ノルマンコンスクエストからつづくイギリス・・・イングランドの歴史を、時代の流れとともに書いてある本。イギリス中世史の概説がわかりやすく説明。 英中 …

no image

オリヴァツウィスト下巻 感想~

きのうは オリヴァツウィストの続きをいっき読みしました! 何度読んでもディケンズいいなぁとおもいながら あっという間の幸せタイム終了。 前半は八方塞がりの悲劇のオンパレードといったかんじですが、 弱き …

no image

『イギリス文学散歩』でイギリス文豪ゆかりの地に思いをはせて

イギリス文学散歩という、ガイドブックのような、写真集のような本をよんでみました。 この本では、英文学を代表する文豪が大作を書き上げた場所であったり、晩年を過ごした場所であったりする場所を美しい写真とと …