文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

『デカルト―「われ思う」のは誰か』を読む

投稿日:

今日もデカルトの勉強をしましたー

われ思うのは誰かという本です。

デカルトの
私は考える ゆえに 私が存在する
という有名な一文について

コチラの本によると
デカルト『省察』での表現は
そのような推論の形をとっていないといいます

「わたしは考える」の部分が
「私は何者かであると私が思考しうるであろう限りで」という限定の文章として
「私はある、私は存在する」を修飾、限定しているとのこと

省察にしたがうと
わたしはかんがえる ゆえに私は存在する
ではなく
先の限定をともなったかぎりでの
私はある  私は存在する 
というのが、デカルトが言いたかった一文なのだとか

 こちらの本で
省察 こそデカルトの思考のもっとも厳密な表現であって
方法序説や哲学原理はその一般向け普及バージョンなのだから、省察の表現に最新の注意を・・・
」と書いてありました。

デカルトを知るには、やっぱり省察は素通りできないみたいですね。

私は数冊の本を読んで、デカルトの展開した神の存在証明に興味を持ったのですが、
『デカルト―「われ思う」のは誰か』では、88ページあたりから神の存在証明について書かれていました。
おもしろいです。
神の存在証明

はやく省察ゲットしたいですねー

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

アウグスティヌス 告白(下)

  上巻が自叙伝的なのに対し、 下巻は哲学的、神学的記述が多く、好き嫌いが分かれるかもしれません。   私は断然下巻派です。 下巻、私がすごく印象に残ったのは 彼が多角的視点から行 …

no image

『時間論の構築』再読

ちょうど今から1年前の2012年5/15に、中山康雄『時間論の構築』を読みました。たしか、ブログにも「さっぱりだった~」みたいな感想を書いたような・・・・。 1年前はなに書いてあるのかさっぱりでしたが …

no image

歴史哲学のレポートあげてみる②ヘーゲルとプレハーノフの歴史哲学

前回に続き、大学時代に書いた歴史哲学のレポートです。 レポート課題はわすれました。ヘーゲルとプレハーノフを読んで云々だとおもいます 今回はプレハーノフから。プレハーノフはどこにもうってなくって、手に入 …

no image

もう、何度目でしょう、、、アウグスティヌス『告白(下巻)』を再読

3年目に入った通教ライフですが、たぶん、3年間で一番読んでいる本はこちらアウグスティヌスの『告白 下巻』でしょう。 ぶっちぎり。 一年のころ、まずは西洋哲学史を出そうと思って、読み進め始めたのですが、 …

no image

『人はなぜ学ばないといけないのか』東洋と西洋の学びの違い

先日、福沢諭吉先生の『福翁自伝』を読みましたが、きっかけは、斎藤孝教授の著書『人はなぜ学ばなければならないのか』の中で、たびたび引用されていて気になったからでした。 現代人は、すぐに見返りを得られる勉 …