文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

今日もデカルト『情念論 (岩波文庫)』を読み進めるけど・・・・

投稿日:

昨日からデカルトの「情念論 (岩波文庫) 」をよんでます。

 デカルトの情念論、今日も読み進めますが、さっぱりわからなくなってきました。
動物精気の説明の後に、
動物精気と神経とがどのようにして運動やかんかくに関与するのかという問いを答えていく形になってました。
動物精気=神経ではないのか・・・
うん、わからん。

動物精気と神経を活動させる物体的原理とはなにか
血液がわたしたちの肢体の運動すべての物体的原理であるとデカルトはかんがえました。

ここから、 血液が不断の熱をおくる心臓
筋肉、脳などの説明がはいってますが、意味がわからないので飛ばしました。

身体だけに属する機関すべてを考察した後、デカルトは
わたしたちのうちには、わたしたちの思考以外に精神に帰すべきものは何も残らない」と言っています。
えっと・・・うん・・・つまり、、、うん?

なんか、西洋哲学史2のレポートかけなさそう・・・・

ココから、思考の説明に突入。
思考はおもとして
1、精神の能動
2、精神の受動
この2つに分けられる

1は意志である
2は知覚 認識である と、これまた2つを分けた説明に

わたしの思考がついていってませんが・・・・

精神の能動、つまり意志はまた2種類にわけられ
①精神そのもののうちに帰結する精神の能動
(わたしたちが神を愛する場合)
②身体において終結する能動
(たとえばさんぽする意志を持っていることだけで動き、歩行がなされる場合)
 
このあたりになると、もう、なにがなんだかわからなくなってきましたw
とくに①がわかりませんね・・・

初心者でもわかるデカルトの情念論という本があれば
買いに行きたいです

今週末、慶友会 三田クラスに行こうと思っているので、
メディアセンターでデカルト攻略本を探してこようかな?

ランキング参加しています。

にほんブログ村

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

歴史哲学のレポートあげてみる①。ヘーゲルとかプレハーノフが題材のやつ

歴史哲学のレポートを見つけたので上げてみたいと思います。 なんの題材かわすれたけど、ヘーゲルとプレハーノフのことがかかれてました。 とりあえずヘーゲルのほうからあっぷしたいとおもいます ヘーゲルは歴史 …

no image

西洋哲学史レポート1 アウグスティヌスの記憶論

大学時代に書いた西洋哲学史1?のレポートもありました。 文字数的には、これはかきとちゅうのレポートだったかも?? このレポートはアウグスティヌスのレポートみたいです。中身は記憶論。 アウグスティヌス「 …

no image

『科学哲学入門』という入門書すら難しい・・・・科学哲学奮闘月間

 タイトル:科学哲学入門―科学の方法・科学の目的 (Sekaishiso seminar) 内容:amazonから引用すると・・・科学を特徴づけるものは何か。正統的科学哲学と新科学哲学の対決 …

no image

『人はなぜ学ばないといけないのか』東洋と西洋の学びの違い

先日、福沢諭吉先生の『福翁自伝』を読みましたが、きっかけは、斎藤孝教授の著書『人はなぜ学ばなければならないのか』の中で、たびたび引用されていて気になったからでした。 現代人は、すぐに見返りを得られる勉 …

no image

『プリンキアを読む』という本を読みました。

プリンキアとは、ニュートンの著書。 物体が何も存在しない空虚な空間(真空)が存在するか否かは古代ギリシア以来、論争の対象になっていました。 アリストテレスは 真空というものの存在を否定しましたが、一方 …