文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

キリスト教史 東洋史

日本史特殊2『日本キリスト教史』読みました。

投稿日:

正直日本史には魅力を感じないのですが、日本キリスト教史は面白い。

コチラの本では、ザビエルたちイエスズ会が布教し、広がっていく過程から
日本の権力者サイドでのキリスト教への態度の変化や
日本で布教されてきたキリスト教の教義がどのようなものであったかなど
いままでしらなかったことだらけでいろいろ新鮮でした。

ザビエルは神を「大日」と訳していたけど、のちにあらためられたとか、

イエスズ会⇒カトリックなので、 
一般のキリシタンは聖書を読むことができなかった

伴天連追放令のあたりがレポート課題なので、
キリスト教徒に好感持っていた信長から、秀吉の時代にかわり、
どのような意図で令が出されたのか、
どういう影響が出たのか、
詳しく書かれているので、この本だけでレポートがかけちゃうかも。
でも、参考文献1冊はさすがにまずいので、つぎなる本を探しますー

ランキング参加しています。

にほんブログ村

-キリスト教史, 東洋史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

曾国藩の日記が心に響く~『清朝と近代世界』

 清朝と近代世界――19世紀〈シリーズ 中国近現代史 1〉 (岩波新書) という本を読みました。レポートに関係ありませんが、いくつか新しい雑学が増えました(笑) テキストなどに、「イギリスは …

no image

『イランとイスラム―文化と伝統を知る』 感想

 タイトル:イランとイスラム―文化と伝統を知る 内容:イランの歴史とは切り離せないゾロアスターとイスラームとの関係やイランといえば、シーア派。シーア派の歴史などが書いてある本イランとイスラム …

no image

『聖書入門』でイエスキリスト磔刑の意味を知る・・・・

タイトル:聖書入門 (岩波新書)内容:紀元前から連綿と続くヘブライズムの源流からたどってきた歴史がわかりやすく説明されている本。ヤハウェ中心の旧約から、視点がキリストに移り・・・ 倫理学のレポートに参 …

猫愛がつまった「猫の日本史」をよんでみた感想

ねこが大好きです(╹◡╹) なので、タイトルに惹かれて手にとってみました。 洋泉社ででている  猫の日本史 です。 今年出たばかりの本ですよー♪(´ε` ) 歴史作家の桐野作人先生が書いてます。 この …

no image

『聖書の読み方』読みました

) 『ヘブライズム』な倫理学のレポート作成のあいまに気になる本があったので、読みました 『聖書の読み方 (岩波新書』という本です。 旧約聖書はともかく、新約聖書は、ホテルの客室においてあったり、クリス …