文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

地理

人文地理学レポート完成(^∇^)

投稿日:

image

さっき、二時間こもって
無理やり完成させた(~_~;)
いいかげんに黒インクかわないとな、、、
いまんとこつっこまれてないけど
そろそろ怒られそう
次は東洋史がいせつ1かな?
来週再来週はりょこうなので、
旅行の合間にしあげるか、
23.24完成になるか、、、うーん
旅行のあいまに頑張るしかない(°_°)
東洋史のレポート、古代すぎて区立図書館の本棚みたけど参考文献皆無でした。
2012課題の史記ならあるかな?請求してもないなら、23と24終日こもるしかない、、、、
さらにその次の日本史特殊2も文献ないです。
参考文献?市販テキスト?の日本キリスト教史?は明大図書館すらない…>_<… 買うしかないのかな?日本史興味無いから買いたくない(笑) 明日はあそぶぞー!! 文化の日らしく友達の個展見に行きます。 芸術の秋だから(^ν^) 昨日は内覧会で古径みにいきました。

image

特別に許可を得て写真撮影できたのですが、
古径は線でみせる画家だなあと再確認。

image

いまいちばんいきたいターナー展はまだいけてない、、、、レポート6こ始末して早くターナーの絵画に再開したい(ToT)/~~~
ターナー、はじめてであったのは中学のときでした。上野にきていたターナーみたさに
学校ずる休みして、公園のトイレで大学生っぽい服に着替えて、補導員にみつからないかドキドキしながら常磐線に乗ったのをいまでもおぼえています。
テートブリテン展という企画展で
ターナーとコンスタブルがきたのですが、コンスタブルの世界にイギリスへの憧れをつよくしました。
当時はロイスダールとかもすきだったので、コンスタブルのロマン主義と写実主義的な絵画のほうが好きでしたが、
当時美術部で、お絵描き大好きでしたから
ターナーの独特な技法に創作意欲をかきたてられました。
ターナーみた帰りに世界堂で透明水彩絵具買って、なぜかシュノンソー城をたくさん描いた( ̄◇ ̄;)
いまおもえば
コンスタブル、ターナーだけでない
ダンテガブリエルのオフェリアとかもきてた
見る価値ある企画展でした

-地理

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

地名の社会学読んでみましたヽ(。・ω・。)ノ

地名の社会学よんでみた( *´ω`* ) 角川選書の、地名の社会学読んでみました。作者は私と同じ大学出身です。同じ大学の人をみつけるとテンションあがります‎|•’-‘•) 地名 …

no image

『公害・環境問題史を学ぶ人のために』という本を読みました。

公害問題とか、環境問題というと、小学校のころ無理やり「ボランティアの歌」とか「空き缶ポイ捨て禁止」「霞ヶ浦浄化ポスター」「リサイクルに関する作文」などを書かされた思い出から、、いい印象がない・・・・。 …

no image

人文地理学レポート2「持続可能な開発」について。持続可能な開発の概念

人文地理学レポート2「持続可能な開発」について。持続可能な開発の概念 大学時代に書いた人文地理学のレポート「持続可能な開発」についての続きを挙げてみたいと思います。 人文地理学のレポートに関しては全く …

no image

人文地理学レポート1「持続可能な開発」について

人文地理学のレポート 「持続可能な開発」についてのレポートを上げてみたいと思います。 このレポートは完全に記憶ありません。持続可能な開発って言葉自体もうまったく聞き覚えがない でも、pcにレポート書い …

no image

人文地理学レポート3「持続可能な開発」について。経済拡大と『持続可能な開発』

人文地理学レポート「持続可能な開発」について その3です。これでおしまい。 以下本文 3.経済拡大と『持続可能な開発』 日本は高度経済成長期を経て先進国へと発展していったが、先進工業国への発展を支えた …