文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

フランス文学

19世紀のフランス文学1、現在706文字

投稿日:

テキスト
最新フランス文学

image

この二冊で書いてみましたが、700文字が限界です。
ただ、最新フランス文学史の
ミシュレに関する説明は、
少ないながらもわかりやすい。
ミシュレは、
ランケのような、客観的叙述だー!というより、
ヘーゲルのような歴史哲学だー!といいよりは
歴史は過去の全面的な再現である
とかんがえた
復活の歴史を意識したひとで、
歴史をつうじて人類の進化を証明していくことに重点をおいた歴史家だったそうなり
うん、そういや、史学概論でみたわ。

image

このままレポートかいていくと、
史学概論その2みたいなレポートになるんだけど、どうしよ。まあ、とりあえずがんばる

-フランス文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『サルトル むかつき ニートという冒険』  感想

  タイトル:サルトル『むかつき』ニートという冒険 (理想の教室) 内容:サルトル著『嘔吐』の解説を、ニートに語りかける形で解いている本 サルトル『嘔吐』と一緒に、サルトル『むかつき』ニート …

no image

サルトルの『嘔吐』つづき

フランス文学概説の手始めにサルトルの嘔吐をよんでいます。 この作品、すさまじいですね・・・ピクウィッククラブむははーーあほなおっさん~とかやっている私の対極にある感じの本でした。4 なんとかって街や( …

no image

戸部松実 『エミール談論』に書いてあった「ルソーの捨て子事件」について

タイトル:『エミール』談論 内容:エミールの中にかかれた 自然の教育とは、 ルソーのいう人間、市民の定義とは、当時の里子についてなど、テーマごとに談論という形式で エミールを読み解いていくというスタイ …

no image

ミシュレ『フランス史1~6』も読みました。

先週末ほどミシュレにささげた週末はないでしょう・・・ミシュレ『フランス史1、2、3、4、5、6』読みました。 一冊がけっこうな厚さなので、速読(拾い読み?)モードでよみましたよ・・・。 ミシュレ『フラ …

no image

19世紀のフランス文学レポート1「ミシュレについて」 ミシュレの描く歴史

続いての「大学時代のレポート」中身公開?後悔wwwは、19世紀のフランス文学という科目です。 私は19世紀のイギリス文学が大好きですが、そういう科目はなかった記憶があります。でも19世紀のフランス文学 …