文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

フランス文学

19世紀のフランス文学1今日からはじめます

投稿日:

日本美術史と同時進行で
19世紀のフランス文学1を今日からはじめたいと思います( ̄▽ ̄)

image

19世紀の西洋文学ラブです。
一番はイギリスのディケンズですが、
フランスのスタンダールやユゴーもだいすき。
なので、レポートには
読み慣れたレミゼ、パロムの僧院あたりをかきたい。。
でも、古典主義との比較というのが引っかかります。
西洋文学の古典主義って、にがてなんで。
家に600冊くらい岩波文庫の書物があって、
フランス文学関連の本がたくさんあるけど、
古典主義、一冊もなかった…>_<… 目標は、日曜日までに書き上げること。 むりかな? むりだよね(笑) 三田クラスの講演会いけるかな? ミュージカル レミゼラブルにおける アンジョルラスのかっこよさについて というタイトルなら、一時間で一万文字くらいかける(笑)

-フランス文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか れぽーとその2

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか というタイトルのレポートの続きになります。 2、明晰判明な観念からの神の存在証明 3つの命題にて知りえたものは「わたし」の存在 …

no image

19世紀のフランス文学レポート2「ミシュレについて」 ミシュレ『フランス革命史』

19世紀のフランス文学レポートの本文はこちらです↓↓ 2.『フランス革命史』 ミシュレは『フランス史』に接続する形の『フランス革命史』という本を出版しているが、革命のはじまりからロベスピエールの死まで …

no image

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか レポート

西洋哲学史2のレポートもでてきました。 デカルトの省察をよんで書いたレポートです。このレポートで課題クリアした記憶がありませんwww おちたレポートかもww   西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察 …

no image

サルトルの『嘔吐』つづき

フランス文学概説の手始めにサルトルの嘔吐をよんでいます。 この作品、すさまじいですね・・・ピクウィッククラブむははーーあほなおっさん~とかやっている私の対極にある感じの本でした。4 なんとかって街や( …

no image

『サルトル むかつき ニートという冒険』  感想

  タイトル:サルトル『むかつき』ニートという冒険 (理想の教室) 内容:サルトル著『嘔吐』の解説を、ニートに語りかける形で解いている本 サルトル『嘔吐』と一緒に、サルトル『むかつき』ニート …