文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

『90分でわかるデカルト』読んで親近感わいた。

投稿日:

ぎっくり腰になる直前に、取り組み始めたのが
「西洋哲学史Ⅱ」でした。

選択できるレポート内容で、
消去法でデカルトを選びました。

選んだといっても、デカルトって 
ラテン語の試験で2回も出てきた「Cogito ergo sum」くらいの知識しか持っていません。

レポートで求められるのは方法序説ではなく、
「情念論」の中に書かれている内容。

一類の人間なら、
情念論から読むべきでしょうが、
基礎がぐらぐらな私は、
デカルトという人を知るために

90分でわかる デカルト
という本を読みました。

哲学関係の本って、
あまり解説書よんじゃいけないとか言うけど、気にしない

デカルトの哲学というより、
デカルトの生活がココでは描かれていて、
面白い。

この人、お金持ちですが、家族愛には恵まれなかったみたいですね・・・
デカルトに比べると私のほうがましかも(いや、ましじゃないかも?)

デカルトさん、とりあえず金は持っていたみたいですね。

小さいころからマイペースで、
昼くらいに起きてきて云々というエピソードが
うらやましすぎてけしからん(笑)

デカルトは軍人でもありましたが、
やっぱり昼くらいにおきてきて云々だったそうな。

デカルト、生前は「俺、超長生きするよ」みたいなこと言ってたらしいです。

でも、
慣れない早起きが元で病気になって死んでしまったらしい(ほんと?)

この本よんでから

デカルトが「ちびまるこちゃん」で脳内再生されるんですけどww

面白い本ですが、情念論の参考になりそうな本ではありませんでした。

レポートに必要な
デカルトさんが書いた「情念論」は、ぎっくり腰で寝込んでいる3日間、読みました。
デカルトさん、心臓とか脳の説明をしていますが、
ぎっくり腰の説明はありませんでした。

『90分でわかるデカルト』を読む限り、彼は絶対ぎっくり腰経験者のはず。
彼がぎっくり腰のメカニズムを書いてくれたらおもろいのになぁ

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『アウグスティヌス『告白』の哲学 』感想

タイトル: アウグスティヌス『告白』の哲学 内容:アウグスティヌスの著書『告白』の詳しい解説と、『告白』の中で展開された哲学的解釈の説明が書かれた本。アウグスティヌスが『告白』を執筆した時期 …

no image

『時間の科学』読み途中。

ニュートンの主張した「絶対時間」ですが、18世紀以降、科学が確立されていくなかで、神のはなしは棚上げされ、絶対時間の概念だけが残っていきました。 そして、19世紀半ばの熱力学の誕生と、20世紀はじめの …

no image

またまたアウグスティヌス3連

   先週末から ドキッ!アウグスティヌスだらけの哲学史大会っ!って感じです(意味不明)もう、おなか一杯で、秋までアウグスティヌスを見たくありません(笑)  西洋哲学史Ⅰのレポ書く …

no image

デカルト『方法序説』に乗り換える。

土曜日は慶友会三田クラスに行ってきました!!モチベーションUPしたところで、今度は6科目受験を狙っていこうと思います! 去年のレポート課題集の「西洋哲学史2」の紙をなくしたっぽいです!↑こういう紙。  …

no image

『プリンキアを読む』という本を読みました。

プリンキアとは、ニュートンの著書。 物体が何も存在しない空虚な空間(真空)が存在するか否かは古代ギリシア以来、論争の対象になっていました。 アリストテレスは 真空というものの存在を否定しましたが、一方 …