文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

オーウェルの『動物農場』読み始めました。

投稿日:

英語Ⅲのテキストにある『象を撃つ』でおなじみ
オーウェルの小説を読み始めました。

『動物農場』です。

おとぎばなしとかいてある とおり、
子どもでも読めるくらい漢字が少ない本です。

かといって、簡単な物語なのかというと、
そうではない感じがします。

まだ10ページくらいしか読んでませんが、

人間が寝静まった夜?
動物たちの会議のようなものがはじまります。

イギリスの国土は貧しいが、
動物たちが幸せに生きていけるだけの豊富な資源はある、
しかし、生まれてから死ぬまで、何ゆえこのような奴隷生活を強いられているのか、

それは消費することしかしない 人間のせいである。

人間は卵も産まないし、牛乳も出さない、 ひよわでたいして畑も耕せないのに
動物の頂点に君臨し、動物たちを奴隷扱い、労働のお礼に与えられるものは、
飢え死にしない程度の食糧だけ
労働ができなくなった動物たちは、非情にも簡単に殺される、
それはーーー!!!

・・・・というところまで読みました。

面白すぎて、早く帰って読みたいです。

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『ハックルベリーフィンの冒険』感想1

タイトル:ハックルベリー・フィンの冒険〈上〉 (岩波文庫) 内容: 前作でトムとハックがひょんなことから大金をゲットする。 それほしさに、親権を主張するアルコール依存症の父。父親の暴力に耐えかねて逃げ …

no image

英国ではMother gooseじゃなくて、Nursery Rhymesらしいです。

  「パタリロ」というアニメをアニマックス?だか、キッズチャンネルでよくみていたのですが、 EDテーマで「だれが殺したクックロビン~」というフレーズがありクックロビンってなんだ?と以前から気 …

no image

イギリス版『キャッツ』のDVDを購入~。TSエリオットはやっぱりすごい。

ESエリオット原作のミュージカル「キャッツ」のDVDを購入しました。 DVDのいいところは、字幕を変更できるところです。 劇団四季の「キャッツ」は何度かみたので、ストーリーやせりふを覚えているので、 …

no image

アイルランドといったら『アンジェラの灰 』

アイルランド系移民 アメリカ人のフランクマコート自伝的小説。アルコール依存症で仕事もできない父親はいつもパン買う金まで酒に使ってしまう。 そんなダメ父が「出稼ぎに行く!」と言いそのまま音信不通になった …

no image

『ピクウィックペーパーズ』日本語訳を入手しました!!

  先週末は古本の街 神保町をウロウロいたしまして、歩数計が4万歩こえるほど歩き回りました。 いろいろな本を発掘したのですが、その中のひとつ、、、捜し求めていたディケンズの「ピクウィックペー …