文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

一番戦ったレポートは、西洋史概説Ⅱでした(笑)

投稿日:

image
入学して一番に書いたレポートです。
D。評価もボロクソ(笑)
GW明けに提出。
image
西洋史卒なのにDをもらった屈辱感から、
必死に全面かきなおし、
7月半ばに提出。
翌月戻ってきたけどD
H條センセ、きびしぃー

image

 
こうなったらとことん調べてやると、
大学図書館のフランス革命棚読みふけりました。
再度全面書き直し。
前大学のゼミの先生に、卒論のときより真面目にやっているとわらわれ、
大学の教授に変なとこないか、読んでもらって、
もんくなしにAといわれ、10月提出してみたけど、
結果C
コメントにはBにちかいCとかかれていたけど、
慶応史学のレベルの高さ?に、
2類に入らないでよかったと思いました(笑)
西洋史概説Ⅱに戦いを挑んでいたため、
秋まで取得単位0でした。
春入学の方で、
レポート書けない書けないと悩んでいる方、
私も最初はこんなものでした。
そのうちレポート書くのも慣れてきますので、
悩んでる方は諦めないで、がんばって(・ω・)ノ
私は意地で戦いましたが、
相性がありますので、こりゃだめだ・・・という科目は、深追いせず、
ほかの科目に移ったほうがいいよと 
私のまわりの卒業生はおっしゃっておりました。

このころは「レポート論文の書き方入門」を読んでいなかったので、
レポート形式が最悪です。
ほうじょー先生、その点はスルーだったわ。。内容重視なレポートコメントですごく西洋史の勉強になりました。
M大の大学院に入りたくなったら、
卒論の代わりにこのレポート持っていこうかなww

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

塩野七生 『ルネサンスの女たち』感想

タイトル:ルネサンスの女たち (塩野七生ルネサンス著作集) 内容:ルネサンス時代を生きた女たちが、家族の政略に翻弄され、教皇、フランス、ドイツや他のイタリア諸都市との勢力均衡図の中でいかに波乱万丈の人 …

no image

エドマンドキング『中世イギリス』感想 イギリス萌え~

タイトル:エドモンドキング『中世のイギリス  』内容:ノルマンコンスクエストからつづくイギリス・・・イングランドの歴史を、時代の流れとともに書いてある本。イギリス中世史の概説がわかりやすく説明。 英中 …

no image

プレハーノフ『歴史における個人の役割について』という古めかしい本読んだ

ヘーゲルの「あらゆる有限なものには偶然的な要素がある」との考えを否定し、 プレハーノフは社会主義者目線で、歴史における個人の役割について考えました。 社会関係、生産関係から歴史が動くと考えたプレハーノ …

no image

古代オリエント考古学?のレポート①ヘレニズムとユダヤ

  古代オリエント史?だか古代オリエント考古学だか忘れましたが、ヘレニズムのレポートがあったのであげてみたいと思います。 これも何のタイトルでかいたのか忘れましたが、序文に 本レポートでは、 …

no image

近世英文学史のレポート?と参考にした本。15世紀から17世紀前半まで

私が専攻したのは英文学ではありませんが、英文学が好きでその関係の講義をいくつかとっていました。そのうちの1つ英文学史(近世だったかな?)のファイルがpcからでてきたのであげてみたいとおもいます。以下が …