文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

イスラーム

東京国際フェアでゲットしてきたお宝たち

投稿日:

試験を明日に控えた身ですが、
今週開催されている「東京国際ブックフェア」に行ってきちゃいました!!!
image

東京国際ブックフェアのレポートは
旅行ブログに書きましたので、暇な方はどうぞ→http://yaplog.jp/naotaka8787/archive/2788

どこの本屋さんでも山積みにされている人気の本から、
どこの本屋さんにもおいていないマニアックな本まで

日本中からいろんな本が集結するこのイベント。

ここで、イスラーム好きにはたまらない本をゲットしてきたのです!!

本というより、小冊子ですが
image

『イスラムとテロ』
→まだよんでませんが、出版元のムスリム兄さんいわく、
「イスラムというとテロとかやったり、危ないイメージ」と誤解されているので、
それはちがうよーと解説している本らしいです

image

『ラマダーン(断食月)』
→ラマダーンをなぜやるのか、どんなおきてがあるのか、免除される人はどういう人かなどが書かれているらしいです

image

『女性の地位とイスラムにおける結婚』
→イスラムの女性観 結婚観についてかかれた本

今回、一番の大物はこちらでした。

image

ハードカバーのクルアーン(コーラン)ですww
検索かけたら、日本の大学でも10校程度しか所蔵していないレアものでした。

試験終わったら、感想UPしますーー!

-イスラーム

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『トルコ狂乱 アタテュルクの戦争』感想 その2

タイトル:トルコ狂乱 オスマン帝国崩壊とアタテュルクの戦争 著者:トゥルグット・オザクマン あらすじトルコ民族のための国を建国しようとたちあがったケマルアタテュルクはじめアンカラ政府軍がイギリスやギリ …

no image

陳 舜臣訳『ルバイヤート』 感想

  タイトル:ルバイヤート オマル・ハイヤーム  あらすじ:四行詩でつづられたペルシア文学の最高傑作。人生を刹那的に考え、今を楽しもう、酒ヤッホー!という感じのストーリーオマルハイ …

no image

井筒 俊彦 『イスラーム文化-その根柢にあるもの』感想ふたたび

井筒先生のイスラーム文化を再び読んでいます。今回のレポートのキーになる内容が沢山書かれているので熟読。 井筒 俊彦 『イスラーム文化-その根柢にあるもの』岩波文庫で出ています。井筒 俊彦さんといえば、 …

no image

マイケルクック「一冊でわかるコーラン」感想

ほんのタイトルが大きく「コーラン」と書かれていたので、コーランの日本語訳が読めるとおもいよんでみました。 【送料無料】 コーラン 1冊でわかる / マイケル・クック 【全集・双書】 価格:1,575円 …

no image

『イスラム世界おもしろ見聞録』 感想

今週末に試験を控えた東洋史特殊の勉強の合間に読みました。 勉強の補助としてより、休憩時間に軽く読むかんじの本です。イスラーム世界について、国ごとに微妙なしがらみだとか、その国独自の思想や民族問題などが …