文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

倫理学 西洋哲学

『これならわかる! 哲学入門 』を読んでみました

投稿日:

タイトル:これならわかる! 哲学入門

倫理学の試験勉強をしているのですが、
ヘブライズム、アリストテレスまではなんとなくわかるんだけど、
カント以降がもう宇宙で、、、試験まで3週間をきっているのに
コレはまずいということで入門書を読んでみました。

区立図書館ではいい倫理の本がないので、「哲学」の棚から「哲学入門」かりてきました。

この本、厚いのですが、すごーくわかりやすいです。
予備校の先生?が書いているみたいで、学術用語をなるべく避けた本です。

プラトンから始まる本で、
プラトンの「イデア」についてプリクラ に例えて説明してくれたり、
アリストテレスの考えを美容室 にたとえたり
ニーチェーの言いたいことを人生ゲーム でたとえたり

モーニング娘とかでてきたりと、例えがちょっと古かったですが、
わかり易い本でした。

なかでも、ヘーゲルの思想をガンダムSEEDにたとえて説明している章は興味深かったです。
ヘーゲルがいいたかったことより、ガンダムシードの本編を見てみたくなりました(笑)
ガンダムシードって、見る人がみれば
そんな奥深いストーリーなのかという興味がふつふつとわいてきました。

私が一番知りたかったカントについては
しゃぶしゃぶ食べ放題にたとえてせつめいされていましたが、
この章はわかったような、わからなかったようなというカンジで、
もやもや・・・次なる本を探します。

ランキング参加しています
応援お願いします。
↓↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

-倫理学, 西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

日曜日は、『科学哲学入門―知の形而上学』という本を読みました・・・

アウグスティヌスの時間論レポ書くときにもお世話になった中山先生の著書です。『科学哲学入門―知の形而上学 』 コチラの本、昔読んだ気がしますが、さっぱりでした。でも、今回は違った!! 土曜の夜に図書館で …

no image

『90分でわかるデカルト』読んで親近感わいた。

ぎっくり腰になる直前に、取り組み始めたのが「西洋哲学史Ⅱ」でした。 選択できるレポート内容で、消去法でデカルトを選びました。 選んだといっても、デカルトって  ラテン語の試験で2回も出てきた「Cog …

no image

ウェーバー『職業における政治』視点からみるメディアの在り方について

参考文献一覧がなかったので、書きかけかもしれないwww 〈序〉  ウェーバー著『職業における政治』によると、せまい意味での政治とは、政治団体(国家)の指導であり、その指導に影響を与えようとする行為であ …

no image

またまたアウグスティヌス3連

   先週末から ドキッ!アウグスティヌスだらけの哲学史大会っ!って感じです(意味不明)もう、おなか一杯で、秋までアウグスティヌスを見たくありません(笑)  西洋哲学史Ⅰのレポ書く …

no image

『時間論の構築』という本を読んでみたけど私には難しすぎでした(ーー;)

  たいとる:時間論の構築 本の内容:(さっぱりわからなかったので、amazonのを引用)アリストテレス、アウグスティヌスから現代までの時間論を紹介・検討。「体験と世界」という二つの視点から …