文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

フランス文学

ミュージカル レミゼラブルのコンサートDVDを買いました!

投稿日:

数ヶ月前、ミュージカル映画『レミゼラブル』に感動して、
DVDでたら絶対買おう!!とamazonをチェックしていました。

ヒュージャックマン、アンハサウェイやラッセルクロウの演じるレミゼはすばらしかったですが、
他人の評価を見ると、本場?のミューカルのほうがいい と書いている方が多く、

本場?のはどれだけすごいんだろう・・・と気になって、
買ってみました。コンサートDVD.

ミュージカルのコンサートというのをはじめて見ましたが、
レミゼの世界感を損なわないコンサートで、
ちゃんと物語順になっていました。

映画と同じく
ジャンバルジャンがジャベールに仮釈放?を伝えられるシーンから。
ラッセルクロウのジャベールも嫌いじゃないけど、
ミュージカルのジャベールさんは威圧感たっぷりで、
ユゴーの描いたジャベールそのものでしたわ・・・

ジャンバルジャンの通るこえもすてきでしたが、
エポニーヌが一番すてきだったかな・・・・コゼットがかさむ感じ・・・。


DVDのいいところは、字幕がえらべるところですよね・・・。
レミゼのあらすじは覚えているので、
英語字幕で見ました。
日本語字幕で見ると気づかない、うまい韻の踏み方など発見できて、
レミゼラブル。。。何回見ても発見があります♪

レミゼといっしょに『オペラ座の怪人』も購入したので、
しばらく楽しめそうです

-フランス文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

岩波文庫「ベルクソン 笑い」を読んでみた

先月末から、のんびりとベルクソンの「笑い」を読んでいます。 フランスの哲学者 ベルクソンが、笑いの概念、笑いが引き起こされる構造的なやつを細かく考えていく内容の本です。 ベルクソンをなんで買ったのか覚 …

no image

戸部松実 『エミール談論』に書いてあった「ルソーの捨て子事件」について

タイトル:『エミール』談論 内容:エミールの中にかかれた 自然の教育とは、 ルソーのいう人間、市民の定義とは、当時の里子についてなど、テーマごとに談論という形式で エミールを読み解いていくというスタイ …

no image

ミシュレ『フランス革命史 上』を読みました。

19世紀のフランス文学1のレポート書くためにミシュレ『フランス革命史 上』を読みました。 最初の50ページくらいが、桑原先生によるミシュレの解説、その後に本編が続いています。 レポート書くには、本編は …

no image

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか れぽーとその2

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか というタイトルのレポートの続きになります。 2、明晰判明な観念からの神の存在証明 3つの命題にて知りえたものは「わたし」の存在 …

no image

『サルトル むかつき ニートという冒険』  感想

  タイトル:サルトル『むかつき』ニートという冒険 (理想の教室) 内容:サルトル著『嘔吐』の解説を、ニートに語りかける形で解いている本 サルトル『嘔吐』と一緒に、サルトル『むかつき』ニート …