文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

『時間の科学』読み途中。

投稿日:

ニュートンの主張した「絶対時間」ですが、
18世紀以降、科学が確立されていくなかで、
神のはなしは棚上げされ、絶対時間の概念だけが残っていきました。

そして、19世紀半ばの熱力学の誕生と、20世紀はじめの相対性理論の発見において、
時間論が大きく変わったのだそうです。

そのことについて詳しく書かれていました。

私たちが、時間といっているもの、
時間の流れといっているものとエントロピーの増大の方向とが一致しているということは、~~ほにゃらら~~

ココから先は、!?!??!?で、、
まずは、エントロピーの理解からしっかりやっていかねばと再確認。

先日手にとってみた「ゼロからのエントロピー」はさっぱりわからなかったので、
もっとやさしいエントロピー解説書を図書館に探しに行きます。

ああ。。。わからないことだらけで、
亀の歩みですわ

この本は、ニュートンから相対性理論で、書いてある本で、
あの。。へんな計算式の多用を避けている本なので、

文系の私でも比較的読みやすいです。
エントロピー以外は。。。

ランキング参加しています
応援お願いします。
↓↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『アウグスティヌス『告白』の哲学 』感想

タイトル: アウグスティヌス『告白』の哲学 内容:アウグスティヌスの著書『告白』の詳しい解説と、『告白』の中で展開された哲学的解釈の説明が書かれた本。アウグスティヌスが『告白』を執筆した時期 …

no image

『ヘーゲルを読む』を読んでみました~!!

  岩波文庫『歴史哲学講義』を訳している長谷川先生の『ヘーゲルを読む』を読みました。 精神のすべての性質は自由を唯一の支えとしすべてが自由のための手段にすぎずすべては自由を求め自由だけを生み …

no image

『人はなぜ学ばないといけないのか』東洋と西洋の学びの違い

先日、福沢諭吉先生の『福翁自伝』を読みましたが、きっかけは、斎藤孝教授の著書『人はなぜ学ばなければならないのか』の中で、たびたび引用されていて気になったからでした。 現代人は、すぐに見返りを得られる勉 …

no image

今日もデカルト『情念論』のつづき

  おとといからデカルトの「情念論 (岩波文庫) 」をよんでます。 動物精気の登場によってさっぱりわからなくなったデカルトの『情念論』レポート書けるか か な り ふあんですが、懲りずに読み …

no image

岩波文庫「ベルクソン 笑い」を読んでみた

先月末から、のんびりとベルクソンの「笑い」を読んでいます。 フランスの哲学者 ベルクソンが、笑いの概念、笑いが引き起こされる構造的なやつを細かく考えていく内容の本です。 ベルクソンをなんで買ったのか覚 …