文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

西洋哲学

『プリンキアを読む』という本を読みました。

投稿日:

プリンキアとは、ニュートンの著書。

物体が何も存在しない空虚な空間(真空)が存在するか否か
古代ギリシア以来、論争の対象になっていました。

アリストテレスは 真空というものの存在を否定しましたが、
一方、原子論者たちは、空虚な空間の中にさまざまな無数の原子が存在するという自然観を持っていました。

17世紀、デカルトが、
「空間には目には見えないものが充満している」と考え、
アリストテレスとおなじく、空虚な空間の存在を否定したことに対し、

原子論者であったニュートンは
まず空間があり,そこにさまざまな原子や物体が配置されている という見方をしました。

そして、
絶対空間と相対空間という区別をし
うんぬんかんぬんという 説明が続く本です。

時間論についていろんな本で、調べていますが、
空間の話と時間の話が、いっしょ?になっていて、

どこまで同じなのかよくわからず、絶対空間という単語を、絶対時間という単語に置き換えて考えていいのかわからず・・・

結構読んでみましたが、やっぱりわからず・・・・

うん。。。科学哲学やっぱり難しいですね

『時間』サイドから書いている『時間の構築』のほうがわかりやすかった印象が・・・。

ニュートンの時間論の矛盾、
現代物理学はどのような考えにいたったかが書いてあるページがあって、
そこは参考になりましたー

レポート。4500文字くらいからぜんぜんすすみません~

-西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

斉藤孝『ざっくりわかる西洋思想史』感想

声に出して読みたい日本語でおなじみ斎藤孝先生の本を読んでみました。 齋藤孝のざっくり!西洋思想 価格:1,575円(2012/4/24 15:40時点)感想(0件) 斉藤孝先生の講義は明大にいたころか …

no image

日曜日は、『科学哲学入門―知の形而上学』という本を読みました・・・

アウグスティヌスの時間論レポ書くときにもお世話になった中山先生の著書です。『科学哲学入門―知の形而上学 』 コチラの本、昔読んだ気がしますが、さっぱりでした。でも、今回は違った!! 土曜の夜に図書館で …

no image

デカルト『方法序説』に乗り換える。

土曜日は慶友会三田クラスに行ってきました!!モチベーションUPしたところで、今度は6科目受験を狙っていこうと思います! 去年のレポート課題集の「西洋哲学史2」の紙をなくしたっぽいです!↑こういう紙。  …

マイケル・サンデル『これから「正義」の話をしよう 今を生き延びるための哲学』読み始めてみた

これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学読んでみた 2484円 文庫だと900円で買えるらしい・・・・(知らなかった) ハーバード大学の教授マイケル・サンデルの著書です。 サンデル …

no image

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか レポート

西洋哲学史2のレポートもでてきました。 デカルトの省察をよんで書いたレポートです。このレポートで課題クリアした記憶がありませんwww おちたレポートかもww   西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察 …