文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

キリスト教史

『よくわかる旧約聖書の歴史』もよみました。

投稿日:

日本基督教団出版局さんが出している
樋口先生の『よくわかる旧約聖書の歴史』を読みました。

倫理学の勉強として読み始めたのですが、
タイトルの通り、倫理に関する項目はあまりなく
聖書考古学や聖書歴史学の分野の本でした。

わかりやすくて、歴史の理解にはいい本です。
オリエント考古学とか西洋史特殊1の参考になりそう。。。
オリエント考古学がDでもどってきたら、もう一度読もうと思います(笑)

倫理学
レポート作成に参考できる箇所があったのは、

2度のユダヤ戦争において旧約の歴史は終わった。
しかし、聖書の歴史が終わったのではない~
からはじまる
p187-189のおことば。

キリスト教徒からみて、旧約聖書や、ユダヤ教徒は
どのような立ち位置にあるのか、

信者じゃない私としては わかりませんでした

ここでまとめられている文章を読んで
そうなんだ!!といろいろ納得。

-キリスト教史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

日本史特殊レポート「伴天連追放令とその影響」1伴天連追放令前の封建領主とキリスト教布教

大学時代のレポートシリーズ。次は日本史特殊 伴天連追放令とその影響です。 日本史の知識は中卒レベルです。国内旅行先で、歴史上の偉人が建てたお城とか、偉い人の像とかほぼわかりません。中卒レベルの知識です …

no image

日本史特殊レポート「伴天連追放令とその影響」2伴天連追放令以降のイエスズ会

日本史特殊のレポート、伴天連追放令とその影響についての続きを挙げてみたいと思います 以下本文 ↓↓↓ 2. 伴天連追放令の発令 信長亡き後、はじめ秀吉もキリスト教布教に対しては寛容な体制をとっていたが …

no image

オリエント考古学のテキストにワクワク

オリエント考古学にチャレンジしたいと思います。 今日、オリエント考古学のテキストが届きました。慶友会の方が、「オリエント考古学がとりやすいよ」とおっしゃっていましたが、さて、どうでしょう。 …

no image

昨日も今日もアウグスティヌス告白11巻を読む・・・

昨日も今日もそして、多分明日もアウグスティヌスの告白『11章』を読みふける日々。 枕頭の書として欠かせない本ですね。 線を引きすぎて読みづらくなっているので、買い換えようと思うのですが、 まだ迷い中。 …

no image

『聖書入門』でイエスキリスト磔刑の意味を知る・・・・

タイトル:聖書入門 (岩波新書)内容:紀元前から連綿と続くヘブライズムの源流からたどってきた歴史がわかりやすく説明されている本。ヤハウェ中心の旧約から、視点がキリストに移り・・・ 倫理学のレポートに参 …