文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史 西洋哲学

歴史哲学のレポート作成開始。

投稿日:

倫理学の勉強と併用して
歴史哲学のレポート作成にも取り掛かりました。

うちの近所の図書館には
プレハーノフに関する文献は皆無ですね・・・

ヘーゲルはうちにある本でカバーしようと思います。

ヘーゲルの歴史哲学講義、大昔買ったのを本棚から掘り出してきました。
買ったものの、意味わからんと 途中で放り投げたやつ。

わからない わからないからまわりみちしよう 

若かりしころに こういって投げたことが、
この歳になってブーメランのように戻ってきます。
英語も ヘーゲルも マルクスも(笑)

でも、
史学概論をやったあとなので、
歴史哲学が頭に入りやすい….

おととしに、西洋史概説2のレポートをかきましたが、 
当時はたしか、フランス革命の史学史みたいなのをかいたようなきがします。
史学概論→歴史哲学→西洋史概説2のレポート
という順番で書いたら、
もっとまともなレポートがかけたに違いない・・・。

学問はつながっているなぁとしみじみ

読み始めたばかりですが、
なんというか・・・文庫本なのに、一向に進まない・・・・

ランキング参加しています
ぽちっとお願いします。
↓↓
にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生へ
にほんブログ村

-ヨーロッパ史, 西洋哲学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

史学概論のレポートその2E・H・カー『歴史とは何か (岩波新書)』とか『歴史学の革新―「アナール」学派との対話』を読んで書いたやつ

たしか、史学概論のレポートは2000文字以上書かないといけないとかあった気がします。たいてい大学のレポートは○枚以上とか○文字以上とか決まりがありますが・・・私はいつも文字数で苦しむので、無駄にフルネ …

no image

近世英文学史のレポート?と参考にした本。15世紀から17世紀前半まで

私が専攻したのは英文学ではありませんが、英文学が好きでその関係の講義をいくつかとっていました。そのうちの1つ英文学史(近世だったかな?)のファイルがpcからでてきたのであげてみたいとおもいます。以下が …

no image

『メソポタミアの神々と空想動物』感想

タイトル:メソポタミアの神々と空想動物 (MUSAEA JAPONICA)内容:メソポタミアの世界観と神々について、当時使われていたシンボルの意味について詳しく解説されている書。図が豊富で、わかり易い …

no image

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか れぽーとその2

西洋哲学史Ⅱ デカルト『省察』における神の存在証明はどのように知られるか というタイトルのレポートの続きになります。 2、明晰判明な観念からの神の存在証明 3つの命題にて知りえたものは「わたし」の存在 …

no image

『聖書の読み方』読みました

) 『ヘブライズム』な倫理学のレポート作成のあいまに気になる本があったので、読みました 『聖書の読み方 (岩波新書』という本です。 旧約聖書はともかく、新約聖書は、ホテルの客室においてあったり、クリス …