文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

キリスト教史 ヨーロッパ史

オリエント考古学のテキストにワクワク

投稿日:

オリエント考古学にチャレンジしたいと思います。

 
今日、オリエント考古学のテキストが届きました。
慶友会の方が、「オリエント考古学がとりやすいよ
とおっしゃっていましたが、さて、どうでしょう。

今回、初めての「配本じゃない科目」です。
本のタイトルが 図説 聖書考古学 旧約篇 (ふくろうの本)
なので、図が多いのだろうなぁと予想していましたが、
写真だらけですごくわかりやすそう!!

まだ、ぱらぱらめくった程度ですが、
これをテキストにしていいのかしら?というくらい
写真だらけです。
でも、説明も、ちゃんと詳しいものが書かれているみたいで、
数ページみただけで 引き込まれてしまいました。

仕事前に受け取って、
まだぜんぜん読めていないので、早く帰って読みたいです~。

これなら、10日くらいでレポート書けちゃうかも?
いや。。。興味あるジャンルなので、
いろいろ寄り道しそうな危険性もありますw

さっそく危険な兆候が発生しました・・・。
イスラエル行きたい病です。。手を滑らせ「地球の歩き方 イスラエル」をamazonで買っちゃいました。

amazonでテキスト買いましたが、
「この商品を買った人はこんな商品も買っています」という欄に出てくるのが、
慶應通信のテキストばかりでフフっとなりましたw

-キリスト教史, ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

プレハーノフ『歴史における個人の役割について』という古めかしい本読んだ

ヘーゲルの「あらゆる有限なものには偶然的な要素がある」との考えを否定し、 プレハーノフは社会主義者目線で、歴史における個人の役割について考えました。 社会関係、生産関係から歴史が動くと考えたプレハーノ …

no image

アウグスティヌス『告白』下巻11章(時間論の章)感想

 タイトル:アウグスティヌス告白 (下) (岩波文庫) あらすじ:マニ教からの脱却、キリスト教への改宗までのみちのり(おもに上巻)、神の存在証明、天地創造以前に神は何をしておられたかなど(お …

no image

ミシュレ『フランス革命史 上』を読みました。

19世紀のフランス文学1のレポート書くためにミシュレ『フランス革命史 上』を読みました。 最初の50ページくらいが、桑原先生によるミシュレの解説、その後に本編が続いています。 レポート書くには、本編は …

no image

日本人が書いた『ユダヤ教の歴史 』感想

 タイトル:ユダヤ教の歴史 (宗教の世界史)内容:ユダヤ教の歴史について書かれた一冊。受難の連続であったユダヤ教について理解できる一冊。 「セレウコス朝シリア下でのユダヤ人について」調べるた …

no image

日本史特殊2『日本キリスト教史』読みました。

正直日本史には魅力を感じないのですが、日本キリスト教史は面白い。 コチラの本では、ザビエルたちイエスズ会が布教し、広がっていく過程から日本の権力者サイドでのキリスト教への態度の変化や日本で布教されてき …