文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

イギリス版『キャッツ』のDVDを購入~。TSエリオットはやっぱりすごい。

投稿日:

ESエリオット原作のミュージカル「キャッツ」のDVDを購入しました。

DVDのいいところは、字幕を変更できるところです。

劇団四季の「キャッツ」は何度かみたので、
ストーリーやせりふを覚えているので、

今回のDVDは 英語音声 英語字幕で何度も見るために買いました。

TSエリオットの詩は、
英語でよんでこそ よさが伝わる。

ということは、
キャッツの英語版もさぞかし面白い歌詞なんだろうとワクワク。

実際みてみると、
想像以上の世界で、

魅了されました!
ESエリオットの詩にも、
それをうまくつなぎあわせた脚本にも、

猫たちの猫らしい動きにも
震えるようなすばらしい歌にも。

日本のキャッツにはないシーンがありましたね。
パグとポメラニアンの戦いのシーンなど。

かわりに、アスパラガスの若かりしシーンが省かれていましたね

イギリス版キャッツ、
すっかり魅了されて、
ラッセルホテルに宿泊して本場キャッツを見に行くため
旅行代金を計算するほど(笑)

とりあえず、すぐには無理なので、


TSエリオットの原作本を注文するだけにとどめておきましたww

海外ミュージカルのDVDはオトクすぎですね=。
えーごの勉強が出来るし、1000円以下だし。いい買い物しましたww

日本のDVDはそれに対して高いですね。
ミュージカルテニスの王子様のDVDを1万円くらいで買った気がしますよ(笑)

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『ハリーポッターと賢者の石』 感想

 タイトル:ハリー・ポッターと賢者の石 (1) あらすじ主人公であるハリーポッターは、幼いころ両親をなくし、親戚の家で肩身の狭い暮らしを強いられていた。ある日やってきた、ホグワーツの番人ハグ …

no image

TSエリオット『キャッツ―ポッサムおじさんの猫とつき合う法』感想

作品名:キャッツ―ポッサムおじさんの猫とつき合う法 (ちくま文庫) 内容:詩人エリオットの、ねこばっかりの短編集。気まぐれネコ、きれい好きなおばあさんネコ、政治大好きお金持ちなネコみんなに大切にされる …

no image

シャーロット・ブロンテ『ジェーン・エア』感想

【中古】 ジェイン・エア 上巻 (岩波文庫 赤 232-1) 価格:200円(2012/4/18 13:03時点)感想(0件) 今日は英文学を楽しみました。何度読んでも味があるシャーロット・ブロンテの …

no image

映画『ジェーンエア』6/2ロードショー!!

明日からシャーロットブロンテ『ジェーンエア』の映画上映がはじまります。 原作が好きなので、見に行こうとおもいますが、 予告版を見ると、ジェーンがブスじゃないですね。。 英文学史初 ブスの女が主人公の小 …

no image

トマスモア『ユートピア』感想

タイトル:ユートピア (岩波文庫)  内容:イギリスの人文主義者トマスモアによる書物。空想の国ユートピアを語りつつ、イギリス国内の政治などに対する悪口ぶつぶつ書いた本(?) トマスモアのユー …