文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

『歴史学の革新―「アナール」学派との対話 』感想

投稿日:

 
タイトル:歴史学の革新―「アナール」学派との対話 (テオリア叢書)
内容:19世紀までの、史料崇拝の時代が疑問視され、歴史学派新たな時代を迎える。
現代歴史学の流れについて書かれた本で、
マルクブロックの誕生から、フランスに誕生したアナール学派、
今日、歴史学がもつ課題などが書いてある史学概論解説書みたいな本。

EHカーの『歴史とは何か』と比べると、難解に書かれていますが。
この本はカー以降の歴史学を知るにはわかりやすい本です。

史学概論の教科書より、新しいことがかいてある?ので、歴史系の卒論を書く予定の方は
ぜひとも読んだほうがいいです。

現代の歴史学は、アナール学派を幹にしています。
その、アナール学派のはじまりと時代背景、共通する特徴と、多面的な歴史学の説明だけでなく、
20世紀を代表する歴史家の名前を知るためにも
重要な本ではないでしょうか。

西洋史特殊3のレポート書いた際読んだマルクブロック『封建社会』の解説で、
ちらっとかいてあった「マルクブロックの生涯」について、気になっていましたが、

こちらの本は
大学教授の息子として生まれてから、ナチスと戦い死亡したまでの
マルクブロックの波乱万丈な生涯について詳細が書いてありました。

史学概論とはあまり関係ないですが、
この本で、
中世ヨーロッパのの時間概念と、近現代ヨーロッパの時間概念の違いに関する
ルゴフの研究のことが書かれていたのですが、

アウグスティヌスの時間論がきになっているので、
この研究内容がきになるところです。今度探します。


-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『これだけは知っておきたい聖書の考古学』感想

現在「オリエント考古学」の勉強中です。 入っている慶友会「東京三田クラス」のあつまりは、土曜のPMなので、AMは慶應三田キャンパスのメディアセンターに行くようにしています。 今回は、先週後半からはじめ …

古代オリエント考古学?のレポート②ヘレニズムとユダヤ セレウコス朝について

前回に続き、大学時代に書いた古代オリエントのレポートをあげたいとおもいます。 あまりおもいだせないけど、ヘレニズム時代のユダヤ人に関して書いたような気がします。 セレウコス朝シリアって言ったら、首都は …

no image

イギリスの封建制度の変化について

イギリスの封建制度は、アングロサクソン時代末期からすでに定着していたが、ノルマンコンクェスト以降は、領域諸侯領の構図をなしており、伯領を寄せ集めて作った国で、王権が強大だった点に特徴がある。イギリスは …

no image

『メソポタミアの神々と空想動物』感想

タイトル:メソポタミアの神々と空想動物 (MUSAEA JAPONICA)内容:メソポタミアの世界観と神々について、当時使われていたシンボルの意味について詳しく解説されている書。図が豊富で、わかり易い …

no image

E・H・カー『歴史とは何か』を読みはじめました。

タイトル:歴史とは何か (岩波新書) 内容:歴史学の入門書ともいうべき本。歴史学がたどってきた歴史と、歴史家が持つべき視点などが書かれています。 史学概論のレポートに取り掛かりました。史学概論は、大学 …