文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

キリスト教史 ヨーロッパ史

EHカー『歴史とは何か』 歴史における神について

投稿日:

タイトル:歴史とは何か (岩波新書)
内容:史学概論といえばコレ!
歴史学の入門書ともいうべき本。
歴史学がたどってきた歴史と、
歴史家が持つべき視点などが書かれています。

史学概論のレポート作成のため、EHカー『歴史とは何か』 を読んでいます。

レポートとはあまり関係なさそうですが、
昔、卒論で神学にちょっと触れたことがあったので、
歴史における神についての項目が個人的に興味がありました~。

真面目な歴史家が、信心深い人間であることは可能ですが、

宗教をトランプのジョーカーのように考えてはいけない」と
カーは説明しています。

たとえば、
昼間を伸ばしてヨシュアの軍勢を助けた
神が干渉してアマレキ人を殲滅させた
だとかは、

歴史学としてはxです。

歴史というのはジョーカーを使わず行うゲームだと説明しています。

歴史に限らず、
宗教と学問との対立は、今日でも難しい問題ですよね・・・

カトリック教会が地動説をみとめたのが、最近・・・1992年だし、
進化論も否定するし。

-キリスト教史, ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『ヘーゲルを読む』を読んでみました~!!

  岩波文庫『歴史哲学講義』を訳している長谷川先生の『ヘーゲルを読む』を読みました。 精神のすべての性質は自由を唯一の支えとしすべてが自由のための手段にすぎずすべては自由を求め自由だけを生み …

no image

科学哲学のレポート2アウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違い

科学哲学のレポートその2です。 課題タイトルはアウグスティヌスの時間概念と科学で使われる時間概念の違いです。 今回はアウグスティヌスの時間論に関して。アウグス ティヌス 告白 (下) (岩波文庫 青 …

no image

ドレの挿絵がみごとな旧約聖書を買いました!

  タイトル:ドレの旧約聖書 内容:19世紀の画家ドレの挿絵つきの旧約聖書 天地創造からマカベイまで。 ドレの旧約聖書 を買いました。 西洋史特殊1→オリエント考古学→倫理学という勉強の流れ …

no image

『図説 イエス・キリストで』で、新約聖書ゆかりの地を紙上旅行~

GW後半は歴史哲学と倫理学を交互に勉強しました。 倫理学は新約・旧約聖書のあたりがレポート課題。 なので、休憩時間に『図説 イエス・キリスト (ふくろうの本/世界の文化)』なる本を読みました。 この本 …

no image

『イギリス史 (世界各国史)』にある封建制の説明

イギリス史の概要をつかむためにイギリス史 (世界各国史)を読みました。 このシリーズ、歴史関係ではおなじみの本ですね~!!イギリスのははじめてよみましたが、なんか、、文字が大きかった・・・・気のせい? …