文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

日本人が書いた『ユダヤ教の歴史 』感想

投稿日:

 タイトル:ユダヤ教の歴史 (宗教の世界史)
内容:ユダヤ教の歴史について書かれた一冊。
受難の連続であったユダヤ教について理解できる一冊。

「セレウコス朝シリア下でのユダヤ人について」調べるために
ユダヤ関係の本を探して、今週末はいろんな本に出会いました。

今度は市川先生の『ユダヤ教の歴史 (宗教の世界史)
』という本です。
ユダヤ人が書いた『ユダヤ人の歴史」という本の後に読んだので、
比較する楽しみがありました。

レポートから脱線して比較に夢中。

日本人か記したユダヤに関する本なので、
客観的意見でたんたんと書かれていて安心感があります。
アンティオコス4世が、『ユダヤ人に無理やり豚肉、ゼウス信仰を強制した」というくだりがありますが、
きっと、前の本だったら
ユダヤ人に無理やり 汚らわしい豚肉、おぞましいゼウス信仰を強制した」といったかんじで、形容詞が追加されそうですね。

セレウコス朝シリア下、プトレマイウス朝エジプト下で
ユダヤ人のヘレニズム化がすすみましたが、
ヘレニズム化していく、その説明が
ユダヤ人が書いた歴史書とはだいぶ違っていて
、そこのところも楽しく読ませていただきました。

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『テンプル騎士団の謎 (「知の再発見」双書)』感想

タイトル:テンプル騎士団の謎 (「知の再発見」双書) 内容:テンプル騎士団の起源・たどってきた歴史、神話から入会の儀式や会則まで、写真が多く使われ、テンプル騎士団についてわかりやすい解説がな …

ニーチェ著『ツァラトゥストラはこう言った(上)』の身体の軽蔑者 がおもしろかった

毎日本を持ち歩いています、今日は本棚にある本を適当にとって、それを読みました。 今日読んだ本がこちらです ニーチェ著『ツァラトゥストラはこう言った(上)』 私はニーチェについて詳しく勉強したことがない …

no image

古代オリエント考古学?のレポート3ヘレニズムとユダヤ プトレマイオス→セレウコス朝下に置かれた パレスティナにおけるユダヤ人の抵抗

古代オリエントのレポートその3です。 3、プトレマイオス→セレウコス朝下に置かれた パレスティナにおけるユダヤ人の抵抗 前301年、イプソスの戦いでプトレマイオス朝の領土になったパレスティナは、ヘレニ …

no image

『聖書入門』でイエスキリスト磔刑の意味を知る・・・・

タイトル:聖書入門 (岩波新書)内容:紀元前から連綿と続くヘブライズムの源流からたどってきた歴史がわかりやすく説明されている本。ヤハウェ中心の旧約から、視点がキリストに移り・・・ 倫理学のレポートに参 …

no image

歴史哲学のレポート作成開始。

倫理学の勉強と併用して歴史哲学のレポート作成にも取り掛かりました。 うちの近所の図書館にはプレハーノフに関する文献は皆無ですね・・・ ヘーゲルはうちにある本でカバーしようと思います。 ヘーゲルの歴史哲 …