文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

旅行 英米文学

『イギリス文学散歩』でイギリス文豪ゆかりの地に思いをはせて

投稿日:


イギリス文学散歩という、
ガイドブックのような、写真集のような本をよんでみました。

この本では、英文学を代表する文豪が
大作を書き上げた場所であったり、晩年を過ごした場所であったりする場所を
美しい写真とともに紹介しています。

ワーズワスやベアトリクスポッター女史が住んでいた
イングランド北部のレイクディストリクト

エディンバラにあるスコット家の、みごとなまでの本棚
ルイスキャロルゆかりの村にある教会の、アリスインワンダーランド仕様なステンドグラスなど、
知らなかったイギリスの観光地がちらほら!

ああ~イギリスに行きたいなぁと、ぼーーと読みふけってしまいました。

オースティン、チョーサーめぐりなどしてみたいものですが、
この本で、一番気になったのはミルトンの家です。
ミルトンが『失楽園』を完成させた家が、「ミルトンコテージ」として今でもみることができるんだそうで。
しらなかった~~!!!
ミルトンといえば、ピューリタン文学最高峰ですが、
ここでのピューリタンの説明に「おお!!ピューリタンとはそういう意味だったんだ!!」と
ひとつ知識をお持ち帰り。
p42「清教徒たちは、腐敗している英国国教会に対し、
聖書に従うことによってピューリファイ(浄化)することを求めた

ピューリタンの単語ってそこから来ているんだ・・・・

この本では、ロチェスタのディケンズ邸も載っていました、
エピソードが彼らしくって、またしても好感度UP。

家族みんな債務者監獄に入れられたほど、貧乏なディケンズの子ども時代。

小さいころ、散歩中に通りかかった立派な家を眺めながら、お父さんが
こういう家に住む大人になるんだぞ」みたいなことをいったそうな。
そして、小説家として、名をはせたディケンズは、本当に
その家を買い取り、「こういう家に住む大人」になった・・・

-旅行, 英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

猫づくし!『東京ねこまち散歩―東西南北・路地猫マップ』

ネコ好きとしてはたまらないガイドブックを見つけました。 東京ねこまち散歩―東西南北・路地猫マップ その名のとおり、東京の野地ネコスポットが載っているネコネコガイドブックです。 東京でネコ~というと、私 …

no image

黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編 (岩波文庫 )感想

  黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編 (岩波文庫 赤 306-1)読みました。文庫に7編の短編が入っています。 エドガー アラン ポーといえば、作品より彼の生きた人生のほうが気にな …

no image

近世英文学史のレポート?と参考にした本その2。17世紀後半以降

英文学史?のレポート???その1 の続きもアップします。昔のことなのであまりおぼえていないけど、近世英文学史の「詩」についてのまとめだとおもいます。 私は英文学は小説が好きなのです。とくにディケンズが …

no image

ディケンズ『オリバーツィスト』映画版 感想

  ジェーンオースティンの『エマ』が結構いい感じだったので古典をもうひとつ、ディケンズの『オリバーツィスト』の映画版です。 これは、、、、、ちょっと端折りすぎな感じが否めませんでした。 ヴィ …

no image

村上 春樹 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』・・・買いますか?

よく、ブログにアンケートみたいなパーツがありますよね? あれをつかって、ぜひ皆さんに聞いてみたい質問があります。村上 春樹 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』・・・買いますか? と聞いてみた …