文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

『マグナ・カルタ』を探して図書館ウロウロ

投稿日:

本日はレポート締切日でした。
お疲れ様でした。ラストはエスプレッソのみまくりでがんばりました~!

西洋史特殊3の参考リストにあるCSデービス?「マグナ・カルタ」を大学図書館に探しに行きました。

結構苦労して探しましたが、
実際、、見つけてだすと、パンフレットのような本でびっくりw

さらに、カバー見てびっくり・・・実家にある本でした~

西洋史の卒論を書いた際に、
ブリティッシュライブラリーにこもって文献をあさったことがあったのですが、
確か、ブリティッシュライブラリーだか、
ブリティシュミュージアムのお土産やさんで
売っていた本です。

ああいう。。お土産屋で売っているような本って、
結構適当なところが適当に日本語訳をつけているのだと思っていましたが、、、
城戸先生や訳をつけていたとは・・・・すみません・・・・
マグナカルタにいたるまでの歴史と、
マグナカルタに書かれたことが載っている本で、

ここであれ??っておもったのが
「ジョン王は桃と新しいりんご酒をのみすぎたことによる赤痢で死亡」
と書いてあったことです。

先日読んだエドマンド先生『中世のイギリス』という本では
「ジョン王はヤツメウナギの食べすぎで死亡」とかいてありました・・・

結局のところ、ジョン王の死因はなんなんだろう?

いずれにせよ、、、食べすぎで死ぬって、いやな死に方ですね・・・

マグナカルタに関する本は、「イギリス史」の棚にあると思いきや、
法学部のほうにありました。
法学部の本はどれも宇宙ですね・・・

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

イギリスの封建制度 マグナカルタ以降について

3、マグナ・カルタ 王権の伸長を狙っていたジョン王は、封主であるフランス王に逆らい、戦争に負け大陸領を没収された。ジョンは王の封建的諸権利に基づき統治をし、権利の侵害も盛んに行っていた。そのためしばし …

no image

塩野七生 『ルネサンスの女たち』感想

タイトル:ルネサンスの女たち (塩野七生ルネサンス著作集) 内容:ルネサンス時代を生きた女たちが、家族の政略に翻弄され、教皇、フランス、ドイツや他のイタリア諸都市との勢力均衡図の中でいかに波乱万丈の人 …

no image

最短記録かも。昨日の夜から読み始めた「オリエント考古学」、レポート半分書き終えました・・・

オリエント考古学にチャレンジ2日目。昨日の夜から読み始めたこちらのテキスト・・・ 図説 聖書考古学 旧約篇 (ふくろうの本)  読みやすいし、地図がたくさんでてきて、地理的な理解もしやすく、 …

no image

『消えた古代都市バビロニア』感想3 奴隷と住居とダニエル書

タイトル:消えた古代文明都市―バビロニア (アリアドネ古代史スペクタクル) バビロニア感想 その3 こちらには、奴隷についての記述がありました。太古の昔から、奴隷がいましたが、バビロニアの奴隷は、どの …

no image

『消えた古代都市バビロニア』感想~!ネブカドネザルは思ったより残虐ではない?

タイトル:消えた古代文明都市―バビロニア (アリアドネ古代史スペクタクル) 内容:古代都市「バビロニア」について書かれた本。バビロニア王国成立前の歴史から入り、政治史の章、ユダヤとのかかわり、バビロン …