文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

エドマンドキング『中世イギリス』感想 イギリス萌え~

投稿日:


タイトル:エドモンドキング『中世のイギリス  』
内容:ノルマンコンスクエストからつづく
イギリス・・・イングランドの歴史を、時代の流れとともに書いてある本。
イギリス中世史の概説がわかりやすく説明。

英中世史の教科書みたいな感じです!!

エドマンドキング『中世イギリス』は、西洋史特殊のレポートを出すにあたって
参考推薦図書の一冊にあげられている本です。
レポート書くのに推薦されているだけあって、
封建制とはなんぞか だけでなく、 イギリス中世はどんな世界だったか
についてもわかりやすく書かれていて、いい本でした。

実は、先日読んだ マルクブロックの『封建社会』も
西洋史特殊のレポート書くときの参考図書一覧にあった本なのですが、

読む順番間違ったかも。。。。

私がおもうに
『中世イギリス』→『西洋史特殊の教科書』→『封建社会』の順に読むのが
一番頭に入りそうです。

西洋史特殊の教科書と
エドマンドキングの書物の中身が結構かぶっていますので、
これはレポート書くのに必読ですね・・・・

運悪く、この本、うちの近所にまったくなくって、、
いま、学校で借りてきたのを急いで読んでいる状況です。
夏スク期間中しか借りられないのですが、
返却日が8/31なので、ぎりぎりまで使いたいと思います。

これ、三田キャンパスで借りる予定のかた、
もしいらっしゃったら、ごめんなさい・・・

私はイギリスオタクなので、
ウィリアム1世から、すべての王の名前を言えるという、
履歴書に書いたらドン引きされる特技をもっているのですが、

ジョン王がウナギ食いすぎて死んだなんて知りませんでした
赤痢だと思ってたけど・・・・ウナギ食いすぎて赤痢になったのかな?

これは誰かにひけらかしたい 無駄な知識をお持ち帰り(笑)

中世のころは、イングランドよりスコットランドが好きなんですけど
この本では、イングランドサイドから見たエドワード1世の描写。。。。
どちらを敵とするかによって、歴史は見方がかわってきますね・・・・

ロバードブルース好きとしては、
彼とイングランドとのもやもやを
もっと書いてほしかった・・・・かも

って。。。。レポートとは完全に脱線して、
イギリスの歴史を楽しんでしまいました(^V^)

エドワード3世の死後、、リチャード2世からヘンリー4世あたりの政治的もやもやが
この本に詳しくかかれていて、すっきりしました~~

封建制はノルマンコンクェストに始まり、
ばら戦争で終わり、近世に向かう。。
うん・・・勉強になりました!!

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

『中世英仏関係史 ~ノルマン征服から百年戦争終結まで 』感想

タイトル:中世英仏関係史 1066-1500: ノルマン征服から百年戦争終結まで 内容:ノルマンコンクェストから、バラ戦争までの中世イギリス、フランスの複雑に絡み合った歴史が書かれている本です。封主と …

no image

古代オリエント考古学?のレポート3ヘレニズムとユダヤ プトレマイオス→セレウコス朝下に置かれた パレスティナにおけるユダヤ人の抵抗

古代オリエントのレポートその3です。 3、プトレマイオス→セレウコス朝下に置かれた パレスティナにおけるユダヤ人の抵抗 前301年、イプソスの戦いでプトレマイオス朝の領土になったパレスティナは、ヘレニ …

no image

『メソポタミア文明入門 (岩波ジュニア新書)』感想

タイトル:メソポタミア文明入門 (岩波ジュニア新書)内容:メソポタミア文明について、詳しく書かれた一冊。前半は教科書的。後半は粘土板やハンムラビ法典についてかかれています。入門というタイトルがついてい …

no image

歴史哲学のレポートあげてみる②ヘーゲルとプレハーノフの歴史哲学

前回に続き、大学時代に書いた歴史哲学のレポートです。 レポート課題はわすれました。ヘーゲルとプレハーノフを読んで云々だとおもいます 今回はプレハーノフから。プレハーノフはどこにもうってなくって、手に入 …

no image

19世紀のフランス文学レポート1「ミシュレについて」 ミシュレの描く歴史

続いての「大学時代のレポート」中身公開?後悔wwwは、19世紀のフランス文学という科目です。 私は19世紀のイギリス文学が大好きですが、そういう科目はなかった記憶があります。でも19世紀のフランス文学 …