文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

ヨーロッパ史

西洋史特殊 はじめました。。。

投稿日:

 

西洋史特殊 2だか3を
今回のテストに間に合うようにすべりこみレポートに使います・・・・
滑り込める教科は、基礎知識あるものしかできませんからね・・・
だんだんコマが少なくなってきました。

西洋史特殊2だか3だか
大好きなイギリス史なのですが。。
げげげ
封建制。。。ややこしいですね。。。

封建制に関する授業は
むかーーーしけっこう受けたのですが、
フランスとドイツの封建制度だったので、

イギリスとなると。。新鮮。

ドーヴァー越えただけで
こんなに違うんだぁと
フムフム一人ごちながら

マルクブロックの『封建社会』を読んでいました。

マルクブロックといえば、
ヨーロッパの歴史を勉強する際の
基本中の基本で、
なんどもなんどもいろんな教科書の類出てて来ます。

でも、、、、史学を学んでいたころは
結局マルクブロックの本読んだことはありませんでした。高いし。

封建制がうやむやのままでも、西洋史。。
卒業できちゃいました。。。

そんなんなのに、
歴史学ぜんぜん関係ない学科の人にも
マルクブロックよませる慶應通信。

さすがは慶應といったところですね==

-ヨーロッパ史

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

EHカー『歴史とは何か』 歴史における神について

タイトル:歴史とは何か (岩波新書) 内容:史学概論といえばコレ!歴史学の入門書ともいうべき本。歴史学がたどってきた歴史と、歴史家が持つべき視点などが書かれています。 史学概論のレポート作成のため、E …

no image

『聖書入門』でイエスキリスト磔刑の意味を知る・・・・

タイトル:聖書入門 (岩波新書)内容:紀元前から連綿と続くヘブライズムの源流からたどってきた歴史がわかりやすく説明されている本。ヤハウェ中心の旧約から、視点がキリストに移り・・・ 倫理学のレポートに参 …

no image

プレハーノフ『歴史における個人の役割について』という古めかしい本読んだ

ヘーゲルの「あらゆる有限なものには偶然的な要素がある」との考えを否定し、 プレハーノフは社会主義者目線で、歴史における個人の役割について考えました。 社会関係、生産関係から歴史が動くと考えたプレハーノ …

ニーチェ著『ツァラトゥストラはこう言った(上)』の身体の軽蔑者 がおもしろかった

毎日本を持ち歩いています、今日は本棚にある本を適当にとって、それを読みました。 今日読んだ本がこちらです ニーチェ著『ツァラトゥストラはこう言った(上)』 私はニーチェについて詳しく勉強したことがない …

no image

エドマンドキング『中世イギリス』感想 イギリス萌え~

タイトル:エドモンドキング『中世のイギリス  』内容:ノルマンコンスクエストからつづくイギリス・・・イングランドの歴史を、時代の流れとともに書いてある本。イギリス中世史の概説がわかりやすく説明。 英中 …