文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

ジョン ダン詩集

投稿日:


図書館で、ジョン ダン詩集を読んでみました。

16世紀~17世紀、イギリス人の詩人で

初めて読みました。

感想かけるほど、理解はしなかったのですが、
最初のほうに載っていた「蚤」というタイトルの詩に
ギョギョっとなりました(ーー;)
蚤が君と僕の血を吸い、
それが蚤の体内で混ざり合い云々という

なんか、同人誌とかでみたことありそうなネタですが。。。

なんというか、うん。。
この方の描く恋愛は、なんかくせがあるきがします。。。
プラトニックではないですね・・・・
かといって、ボッカチオ風でもない。

女性には好き好み分かれそうな詩でした。

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

チャールズ・ディケンズ『リトル・ドリット』途中まで 感想

  タイトル:リトル・ドリット 内容:(まだ読み途中なので、、断片的ですが) 中国から帰ってきたアーサー債権者監獄で生まれたリトルドリット元囚人のイタリア人 と自称コスモポリタン リゴー デ …

no image

ハリーポッターの映画に隠された(?)マクベスのワンシーン

ハリーポッターが好きです。 英会話や長文読解の勉強の多くはハリーポッターの原書購読と、映画で習得しました。映画はDVDの設定を英語字幕/英語音声にすると、とすんなり頭に入ります。 ハリーポッターの映画 …

no image

レポート参考文献探し『イギリス文学案内』という本をかりてきました。

図書館で『イギリス文学案内』という本を借りてきたので読んでいます。 その名のとおり、 イギリスの文学史に名だたる人物をひとりひとりまとめた一冊で、文学史のレポートを書くのに役立ちました。テキストの『資 …

no image

ディケンズ『リトルドリット』感想4

リトル ドリットの続きを読んでいます。 遺産を手に入れ、大金持ちになったドリット氏ですが、急死してしまいました、そのあと、財界の重要人物 マードル氏も自殺して死にます。それら2つの死によって、主要人物 …

no image

【本】世界でいちばん面白い英米文学講義 (感想 その1)

  タイトル:世界でいちばん面白い英米文学講義―巨匠たちの知られざる人生 内容:アメリカ人教授が英米文学の講義でお話した内容を本にしたもの。チョーサーから年代順に、作家ごとに章にわけて説明し …