文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編 (岩波文庫 )感想

投稿日:

  
黒猫・モルグ街の殺人事件 他5編 (岩波文庫 赤 306-1)
読みました。文庫に7編の短編が入っています。

エドガー アラン ポーといえば、
作品より彼の生きた人生のほうが気になりますが・・・・

初めて彼の作品を読んでみました。
正直言うと。猫というタイトルにつられて買いました。
猫大好きなので。

しかし、猫好きには絶対お勧めしない。
猫の虐待シーンが多々ありますし、
「推理小説の父」と呼ばれるポーの作品だけあって、
殺しのシーンもあります。猫好きには気持ち悪くて仕方ないストーリーです。

頭おかしくなるような心理表現が結構耐えがたいけど、
後世に残る小説と言うのは精神を喰らわせて書いたような、
彼の魂(狂気?)を感じる作品でした。

すきか、きらいかといわれれば
大がつくくらい嫌いな本でした。。。。
推理小説が嫌いだから という理由からかもしれませんが、
読んだ後に気分が重くなります。

大学生や中高年ならともかく
多感なお年頃の中学生とか高校生などには
読ませたくない本です。
文学研究の対象としては、奥深そうですが・・・。

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ディケンズ『リトル・ドリット』感想その2

リトルドリット、まだまだ読み途中です。 まだ、話のオチがぜんぜん読めなくって、むずむずしています。 リトルドリットというタイトルですが、 どうやらアーサークレナム氏が話の中心となっているようです。リト …

no image

アイルランドといったら『アンジェラの灰 』

アイルランド系移民 アメリカ人のフランクマコート自伝的小説。アルコール依存症で仕事もできない父親はいつもパン買う金まで酒に使ってしまう。 そんなダメ父が「出稼ぎに行く!」と言いそのまま音信不通になった …

no image

加藤恭子『アーサー王伝説紀行神秘の城を求めて』読んだ!

 タイトル;アーサー王伝説紀行―神秘の城を求めて (中公新書) 内容:アーサー王伝説の概要と、舞台となったと推測されている場所を訪れた著者がそこで何を見たか、現地の人はどうみているのかなどが …

no image

ディケンズ『オリバーツィスト』映画版 感想

  ジェーンオースティンの『エマ』が結構いい感じだったので古典をもうひとつ、ディケンズの『オリバーツィスト』の映画版です。 これは、、、、、ちょっと端折りすぎな感じが否めませんでした。 ヴィ …

no image

人生を考えさせられる ディケンズ『クリスマスキャロル』感想

****なんか、読書感想文をここから引用する人がいるみたいなのであらすじについては消しました夏休み終わったら復活させますww クリスマスキャロル(クリスマスカロル)はいろんな出版社から日本語訳出ていま …