文学部出身OL Akiの「社会人になってから読んだ本の記録」

社会人になってから読んだ本の感想などをアップします。好きなジャンルは文学、歴史、美術、文化、ハイキングなど。ビジネス書もよみます

英米文学

アメリカの歴史教科書 感想

投稿日:


 アメリカの小学生が学ぶ歴史教科書をよみました

日本の歴史教科書・・・・年号並べ立てた教科書
イギリスの歴史教科書・・・・家系図ばっかりの教科書
韓国の歴史教科書・・・ファンタジーという噂の教科書

同じ「歴史」の分野でも、国によって、そのあり方が異なっていて
比較するのも面白いです。

アメリカの教科書なんて、特に!!
ドラマチックなアメリカの歴史教科書。
時々ヒーローっぽいセリフつきの教科書です。
最初の頃、Britainを「The Parent」って比喩表現持ちいて
書いている教科書ですが、

独立戦争は、単なる戦争ではなく、
あたかも親離れするように「決別の時!」と離別するシーンがかかれています。

この教科書でショッキングだったのは
WW2の表記です。

WW2をアメリカ側から見ると
こうなんだぁ・・・・としみじみ感じた教科書でした。

ところで、韓国の教科書がファンタジーという噂がありますが、
イチ歴史家として、
ソレが本当なのか、それとも大げさなのか
日本語訳があったら
読んでみたいですね。。。

-英米文学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

ディケンズ『オリバーツィスト』映画版 感想

  ジェーンオースティンの『エマ』が結構いい感じだったので古典をもうひとつ、ディケンズの『オリバーツィスト』の映画版です。 これは、、、、、ちょっと端折りすぎな感じが否めませんでした。 ヴィ …

no image

レポート参考文献探し『イギリス文学案内』という本をかりてきました。

図書館で『イギリス文学案内』という本を借りてきたので読んでいます。 その名のとおり、 イギリスの文学史に名だたる人物をひとりひとりまとめた一冊で、文学史のレポートを書くのに役立ちました。テキストの『資 …

no image

ジェーンオースティン『エマ』映画版感想

『傲慢と偏見』と並ぶオースティンの傑作『エマ』の映画盤を先週末見ました。 オースティンの作品は今読んでも古臭くなく、ひとつの空間で繰り広げられる人間模様がひきつけられるんです。だからやめられない。 原 …

no image

13年ぶりに読んだ『ハムレット』感想

世界文学のすごさは、自分の読んだ時期によって、まったく違った印象を与えてくれることじゃないでしょうか。その深さゆえ、何度読んでも 何かしらの発見がある。 ハムレットもそのひとつでした。 昨日はごろごろ …

no image

近世英文学史のレポート?と参考にした本。15世紀から17世紀前半まで

私が専攻したのは英文学ではありませんが、英文学が好きでその関係の講義をいくつかとっていました。そのうちの1つ英文学史(近世だったかな?)のファイルがpcからでてきたのであげてみたいとおもいます。以下が …